ロナウジーニョ氏の母が71歳で死去...昨年12月に新型コロナ感染し入院

ロナウジーニョ氏の母が71歳で死去...昨年12月に新型コロナ感染し入院

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/02/21
No image

バルサなどで活躍したロナウジーニョ氏の母親が死去 [写真]=Getty Images

元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏の母親であるドナ・ミゲリーナさんが、20日の夜に71歳で亡くなった。同日、ブラジルメディア『グローボ・エスポルチ』などが報じている。

ミゲリーナさんは昨年12月、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになっていた。その後に合併症を患ってポルト・アレグレの病院に入院し、集中治療室での治療を受けていたようだ。

病院は患者の情報を秘匿しているが、ロナウジーニョ氏の甥であるディエゴ・アシス氏は祖母が「安らかに眠った」ことを認めたという。ロナウジーニョ氏は現在コメントしていないものの、喪に服してSNSプロフィールを黒一色に染めている。また、古巣のアトレチコ・ミネイロも公式声明で哀悼の意を示している。

#ForçaRonaldinho pic.twitter.com/DXttWvHMWj
— Atlético 😷 (@Atletico)
February 21, 2021
from Twitter

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加