就活でも残る...男らしさ/女らしさはホントに必要?

就活でも残る...男らしさ/女らしさはホントに必要?

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/09
No image

動画を見る(元記事へ)

女らしさ、男らしさを求める現在の就活の在り方に疑問を呈する署名活動が注目されています。

今、「就職セクシズム」という言葉が注目を集めています。

就活生の服装や振る舞いに対してステレオタイプな男性らしさや女性らしさを押し付けたり、性別に基づいて差別することです。

そして、就活セクシズムに反対する署名運動も。

近年ネットには、この「〇〇らしさ」に違和感や生きづらさを覚える人の声が多く見られるようになっているのです。

社会の多様化が進むとともに価値観も変化し、それまで当たり前とされて見過ごしてきたことが見直される風潮にあります。

日本航空や東海道新幹線ではアナウンスから「レディース&ジェントルマン」のフレーズを廃止。

また、履歴書に写真や性別の欄を廃止、名前の欄も名字だけという企業が出てくるなど多様化に配慮する流れも。

では、現代において「〇〇らしさ」とはいったい…。

男性らしさ、女性らしさ、就活生らしさ、父親らしさ、母親らしさ、社会人らしさ、そして、自分らしさとは。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加