スパーズとホークスがトレードを協議...アセットにはマレーとコリンズが含まれる模様

スパーズとホークスがトレードを協議...アセットにはマレーとコリンズが含まれる模様

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/06/23
No image

マレー(左)とコリンズ(右)がトレードの中心選手との報道[写真]=Getty Images

6月23日(現地時間22日)、サンアントニオ・スパーズとアトランタ・ホークスがデジャンテ・マレーとジョン・コリンズを絡めたトレードについて協議中であると、『Bleacher Report』のジェイク・フィッシャー記者が報じた。

2016年にドラフト29位指名でスパーズに加入したマレーは、193センチ82キロのポイントガード。2018年からはシャーロット・ホーネッツへ移籍したトニー・パーカー(元スパーズほか)の後を継ぎ、メインガードとしてチームをけん引している。今シーズンは68試合に出場し、1試合平均21.1得点8.3リバウンド9.2アシストを記録しており、2月には自身初となるオールスター出場を果たした。

一方、ホークスがトレードの候補に挙げているコリンズは206センチ103キロのフォワード兼センター。リーグ3年目にはシーズン平均でダブルダブルを達成するなど、オフェンスとリバウンドの能力に長けているプレーヤーであり、今シーズンは54試合の出場で1試合平均16.2得点7.8リバウンド1.8アシストをマークした。

同記者によると、2020年に起きたドリュー・ホリデー(当時ニューオーリンズ・ペリカンズ)のトレードを模した形での交換が話し合われている模様。ホリデーの場合は、ミルウォーキー・バックス、ペリカンズ、オクラホマシティ・サンダー、デンバー・ナゲッツの4チームが絡み、複数の1巡目指名権が行き交うなど大型のトレードとなった。

マレーはこの話を球団から伝えられていなかったようで、報道が出た直後に自身のSNSで驚きの反応を見せた。

スパーズはここ3シーズンでプレーオフを逃しており、ホークスも今シーズンのプレーオフは1回戦で敗退。前年度はカンファレンスファイナルまで進出しただけに、悔しい結果となったのは間違いないだろう。新たな風を求める2チームの動きは、今後も追っていく必要がありそうだ。

【動画】今季初のオールスター出場を果たしたマレーのハイライト!

動画はこちら

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加