結局、最もウマいたまごかけごはんって何? 本当の究極レシピを探してみた

結局、最もウマいたまごかけごはんって何? 本当の究極レシピを探してみた

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/30
No image

今、たまごかけごはんが熱い。専門店が多く立ち並ぶだけではなく、ネットではさまざまなアレンジメニューが紹介され、“究極のたまごかけごはん”が乱立している。結局、どれが一番おいしいのだろうか。

そこで今回、ネットで話題のたまごかけごはんをいくつか試し、一番おいしいアレンジを決めていきたい。究極の中の究極レシピを探していくことにした。

画像をもっと見る

■クセになる「濃厚卵黄めし」

No image

まずは、料理コラムニストの山本ゆりさんが考案した「濃厚卵黄めし」から。熱々のごはん(小盛り)にだし醤油を混ぜて、その上に卵黄、お好みでごま油をたらすというもの。ツイッター上では、「嫌いだった卵かけご飯が、このレシピで食べられるようになった」など、絶賛の声があがっている。

No image

卵黄をつぶして早速一口。ごま油が効いており、たまごに香ばしさがプラスされて良いアクセントとなっている。クセになる味で、とてもおいしい。

しかし、ただ一つの難点として、分量を考えないとごま油の影響で少しだけクドくなること。それがなければ最高のたまごかけごはんといえたかもしれない。

関連記事:ファミマの奇作「たまごかけごはん風味サラダ」、見た目は微妙だが味は驚異的

■上品な甘さの「極上の卵かけご飯」

No image

続いて、手抜き料理研究家のはらぺこグリズリーさん考案の「極上の卵かけご飯」。卵黄と卵白を分け、ひとつまみのだしの素、小さじ1の醤油と砂糖を卵白に入れて全力で混ぜ、ご飯に盛り付けて卵黄を乗せて完成というメニュー。

No image

卵かけご飯に砂糖を入れたことがなかったので、まったく味の想像が付かない。一口食べてみると、思わず「そうきたか」と、評論家気取りで唸ってしまった。砂糖がしっかりと効いており、ウマさの中に甘さが隠れているといった感じ。上品な味といえるだろう。

甘めなので好みは分かれそうだが、女性や子供は大好きなメニューなのかもしれない。記者個人としては、甘さが抑えられるようなシンプルな味のほうが好みであった。

■水谷豊流にノックアウトされた

No image

最後は、俳優の水谷豊考案のたまごかけごはんを試してみる。作り方は一番シンプルで、ごはんに醤油をかけて、卵黄をのせるだけというもの。普通のたまごかけごはんのようだが果たして……。

No image

たっぷりと卵黄がかかった部分を食べてみると、「ウマすぎ……」と思わず声が漏れた。想像の2段上をいく味で、卵黄の濃厚さが口の中でダイレクトに伝わってくる。醤油で味付けされたごはんとの相性も抜群だ。箸が止まらず、すぐに完食。

個人的に究極のたまごかけごはんは、水谷豊流のたまごかけごはんに決定。気になる人は一度試してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→エミレーツ航空上級副料理長の炊き込みご飯『チキンマンディ』レシピが激ウマ

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加