業務上横領の疑い 宮城・尚絅学院元常務理事を逮捕

業務上横領の疑い 宮城・尚絅学院元常務理事を逮捕

  • khb東日本放送
  • 更新日:2023/01/25

宮城県名取市の学校法人尚絅学院の元常務理事の男が、法人の資金4億円近くを不正に引き出したとして刑事告訴されていた事件です。警察は25日、この元常務理事を業務上横領の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、尚絅学院の元常務理事で東京都西東京市の無職、瀬戸正道容疑者(67)です。

警察によりますと瀬戸容疑者は2022年6月7日、法人が資金運用のために振り出した1億円の小切手を、自分名義の口座に入金して横領した疑いが持たれています。

警察の調べに対し、瀬戸容疑者は「尚絅学院の資金を横領したのは間違いない」と容疑を認めているということです。

瀬戸容疑者は法人の資金、約4億円を不正に引き出したとして法人から刑事告訴されていました。警察は余罪があるとみて、捜査することにしています

khb東日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加