OBCの「商奉行クラウド」、富士フイルムBIのクラウドサービスと連携し注文書情報の入力業務を効率化

OBCの「商奉行クラウド」、富士フイルムBIのクラウドサービスと連携し注文書情報の入力業務を効率化

  • クラウド Watch
  • 更新日:2021/10/14

株式会社オービックビジネスコンサルタント(以下、OBC)は14日、OBCのクラウド型販売管理システム「商奉行クラウド」が、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(以下、富士フイルムBI)のクラウドサービス「ApeosPlus desola Technology by AI inside」(以下、ApeosPlus desola)と連携し、受注業務における注文書情報の入力業務を効率化すると発表した。

従来、受注業務における注文書情報の入力は、注文書の内容を担当者が目視で確認し、商奉行クラウドの受注伝票に手入力をしているため、多くの時間がかかっていたという。また、OCRシステムを導入して注文書情報をデータ化している場合でも、例えば、商品名や顧客名をコードに読み替える、金額や日付の確認を行うといった、データの加工やチェック、システムへのデータ登録作業が発生していたとのこと。

そこで今回は、ApeosPlus desolaと商奉行クラウドを連携させることにより、こうした入力作業の省力化を支援する。具体的には、注文書を複合機やPCからApeosPlus desola Technology by AI insideに取り込ませることで、注文書に記載された日付や顧客名、商品名、金額といった情報を抽出。さらに、抽出した情報を業務上のルールに合わせて加工・チェックできるので、商奉行クラウドへの受注伝票の直接登録までを、1つのサービスで行えるとした。

これにより、人手で行っていたOCR後のデータ登録やデータ加工を自動化でき、注文書の取り込みから商奉行クラウドの受注伝票への登録まで、入力業務全体の効率化を実現するとしている。

No image

なおOBCと富士フイルムBIでは、国内各地の営業拠点での販売支援や、改正電子帳簿保存法対応セミナー、プロモーションなどの販売面での強化する考え。さらには、富士フイルムビジネスイノベーションの文書管理ソフトウェアやクラウドサービスとの連携強化など、両社の連携協力を推進するとのことだ。

石井 一志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加