【伊藤千晃対談】「理想のライフプランを立てるのと同じ熱量で、自分の健康と向き合って」

【伊藤千晃対談】「理想のライフプランを立てるのと同じ熱量で、自分の健康と向き合って」

  • VOCE
  • 更新日:2022/09/23

前編はこちらからチェック▼
https://i-voce.jp/feed/1923306/

通いたくなるクリニックにするための環境作り

──クレアージュ東京 レディースドッククリニックには、何をきっかけに来られる方が多いですか?

No image

佐々木「企業の補助を利用して来られる方が7割、口コミやPRの記事などを見て自己負担で来てくれる方が3割です。年齢層で言うと30代がメインで来てくださっていますが、20歳から健診に来ていただくのが理想。特に子宮頸がんは、20代後半から罹患率が上昇するので、母親の命を奪う”マザーキラー癌”とも言われています。そうした情報をもっと届けていきたいですね。

病院に対して“行きたくない場所”というイメージを持っている人は多いです。医療と快適さは相反する部分があるため、その両立を実現させるのは開院時のハードルでした。従来の健診施設は、無機質な白い壁でエタノールや医薬品の匂いに緊張を感じるような場所。それを少しでも和らげられるようなクリニックを目指しました」

伊藤「身体と気持ちは繋がっていて、嫌な場所に行くときは体がガチガチに固まってしまうこともあるので、快適な空間づくりは大切だと思います。クレアージュ東京 レディースドッククリニックは“病院”というより“サロン”のようです」

佐々木「実際に来ていただいた方からは、『施設環境も対応も良かった』、『ここだったら通おうと思います』など感動のお声をいただくことが多いです。女性の皆さんがエステに行くのを楽しみにする感覚で、クリニックにも来て欲しいと思っています」

伊藤「話を聞く中で、私もすごく行きたくなりました。日本女性の健康のために、課題に思うことはありますか」

佐々木「女性特有の疾患に対して間違った認識をしている方は多くいて、特に生理に関する知識が少ないのが課題です。例えば『生理痛はみんな我慢するもの、生理痛くらいで病院に行ったら怒られる』と思っている人は多いですが、生理痛が重い人の2人に1人は子宮筋腫や子宮内膜症などの基礎疾患があると言われています。生理痛や経血量、生理周期は体のバロメーター。異常を放置せず、気軽に婦人科へ行くことを意識づけて欲しいです」

女性が働きやすい社会を支える土台として、健康に関するリテラシーの向上を。

──佐々木さんがプロジェクトを継続することで、社会にどのような影響を与えたいですか。

No image

佐々木「ライフプランやキャリアプランを真剣に立てている方はすごく多いと思いますが、それらプランの根底には健康がある。どんなに努力していても、健康を崩すとプランを変更しなければならないので、プランを考えるのと同じくらい自分の身体についても熱量を持って向き合ってほしいです。女性の身体に関するリテラシーを上げることで、1人ひとりが理想の人生を歩むお手伝いを続けていきたいと思っています」

伊藤「佐々木さんご自身も仕事と子育てをしながらプロジェクトを遂行しているのは、同じ母親として尊敬します。クレアージュ東京 レディースドッククリニックのおすすめの使い方を教えてください」

佐々木「YOU健診は1年に1回の受診を勧めています。自治体によっては、婦人科検診の受診頻度が2年に1回の場合もありますが、どんな疾患でも早く見つかれば社会復帰も早く、費用も少なく済みます。

乳房のX線撮影をしてがん細胞の有無を調べるマンモグラフィ検査では、乳腺濃度の個人差によってがんを見落とされるケースもあります。アメリカだと乳腺濃度が高い人は、がん発見の見落としに気を付ける「デンスブレスト」であると告知をすることが義務付けされているエリアも多いのですが、日本では教えてくれる施設が少ないのが現状。私たちはデンスブレストであるかどうかの結果を全員にお送りし、乳房超音波検査も併せて受診を検討していただくなど、個々に合わせた検査を推進しています」

伊藤「確かに私が今までに健診を受けたときも、今はどの部位を検査しているのか、よく理解していないまま検査を進めていたように感じます。“異常なし”ならば、それ以上気にしなくてもいいのかと。受ける側も、自分は今何の疾患に対しての検査をしているのか理解しながら受診する必要がありますね」

1人ひとりが自分の身体と向き合うことは、少子化問題解決にも。

佐々木「先日、300名の女性を対象に健診イベントを実施しました。そのときに『今はパートナーがいなくて、すぐに子供を産みたいわけではないが、将来的には産みたい。年齢的なリミットが近づいている中で自分は何をしたらいいか』という働く女性からの相談が非常に多かったです。パートナーの有無にかかわらず、晩婚化やキャリアと出産を両立する難しさがある現代社会で、自分の身体について知りたい女性が増えてきています。現状で病気かどうかだけではなく、将来の出産準備に向けてのドックを構想中で、今年中にローンチできるよう、運営支援をしているクレアージュ東京 レディースドッククリニックと一緒に進めています」

伊藤「卵子の数が決まっているとよく耳にしますが、自分の身体について理解できていない部分もあると思います。少子化が問題視されている中で、そうした取り組みから女性が出産しやすい社会になって欲しいです」

佐々木「キャリアと出産の両立は難しく、出産を理由に1度キャリアから離脱すると出世や理想の働き場など失うことも多いです。それは、出産を諦めたり、先延ばしにする要因の1つかなと。女性のインサイトに寄り添った解決策を考えることで、働く女性が理想のライフプランを実現するお手伝いが出来たらと思います」

No image

ーYOU健診をギフトとして贈る方も多いようですね。

佐々木「夫から妻へ、母から子供へYOU健診をプレゼントする方もいらっしゃいます。ゴルフコンペの景品にしてくださる企業まで」

伊藤「使わないと勿体無いですし、足が向くきっかけになりますよね。最近では結婚に対する価値観も変わってきていますし、式を盛大に挙げない代わりに、周りが夫婦の将来のためにYOU健診をギフトにするなども、すごく素敵だと思います」

佐々木「1枚でもギフトが広がることで、1人でも多くの早期発見に繋がって欲しいです」

VOCE 公式Twitterにて「YOU健診ギフトチケット」プレゼントキャンペーン実施中!

No image

VOCE公式Twitterをフォローのうえ、該当のツイートをリツイートしてくださった方の中から、抽選で3名様に「YOU健診ギフトチケット」をプレゼント。このチケットでは、女性専用健診施設「クレアージュ東京」で子宮・卵巣、大腸、乳房の検査を受けることができます。またとないこの機会を見逃さないで!

YOU健診(30代におすすめの子宮・卵巣、大腸、乳房の検査)
https://www.creage.or.jp/dock/you/30/

クレアージュ東京 レディースドッククリニック
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビル北館17階
0120-815-835 (9:00-16:00日・月休)

伊藤千晃(いとう・ちあき)
1987年1月10日生まれ。2017年にダンスボーカルユニットAAAを卒業し、2018年よりソロ活動を始動。アーティスト、モデル、タレントとして多方面で活躍し、美容・ファッションに関する豊富な知識で同世代の女性からの支持も高い。

伊藤さん衣装:ワンピース¥26180、トップス¥25080、ピアス(参考商品)/アンビエント

その他、おすすめの記事はこちら▼

【マンガでわかる女性の身体】生理、PMS、妊娠……今更聞けない「女性の身体」の悩みを細胞レベルで紐解く!

No image

\さっそく診断してみる/

膣力診断をする

No image

\ 「はたらく細胞LADY」1巻を試し読み /

1巻を読む

撮影/榊原裕一 ヘアメイク/小松胡桃 スタイリング/滝沢真奈 取材・文/平井莉生、川端うの(FIUME Inc.)

佐藤水梨

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加