【京都】不運オウンゴール&後半ロスタイム失点で5戦未勝利 曹監督「選手というより僕の采配」

【京都】不運オウンゴール&後半ロスタイム失点で5戦未勝利 曹監督「選手というより僕の采配」

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/08/06
No image

京都曹監督(2022年3月5日撮影)

<明治安田生命J1:京都1-2柏>◇第24節◇6日◇サンガS

京都サンガは前半のオウンゴール、後半ロスタイムの失点と不運があって、5戦未勝利(3分け2敗)となった。

曹貴裁監督(チョウ・キジェ、53)は「最後まで攻めにいって1-2にされた。(問題は)選手というよりは、僕の采配を含めたもの。後悔はないですけれど、自分のゲームの読みが足りなかった。こういう時は負けを受け入れて、言い訳をせずに前へ進みたい」と悔しそうな表情で言葉を絞り出した。

2位浮上となった柏と、最後まで真剣勝負を繰り広げながら、紙一重の結果で7月2日札幌戦(2-1)を最後に1カ月以上も勝利から遠ざかった。

特に前半25分のオウンゴールは避けられたプレーだった。相手MFにプレッシャーを受けたDF本多が、左サイドから強い弾道のバックパスを出し、GK上福元が頭でクリアしようとしたが、そのままゴールへ吸い込まれたもの。

新型コロナウイルスの陽性者が続出するなどチーム状況は決して良くないが、同監督は「これ(5戦未勝利)がネガティブな材料になるとは思ってもいない。こういう経験をするためにJ1に上がってきた。逆境といえば逆境かも知れないが、これを乗り越えたい」と言い切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加