明大中野八王子vs日大二

明大中野八王子vs日大二

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2021/04/07

エース・井上復活の明大中野八王子、粘りの投球で国士舘に続き日大二も破る

No image

明中八王子・井上仁

本大会の組み合わせが決まった時、明大中野八王子の椙原貴文監督は、「ついてない」と感じた。1回戦は国士舘、勝ったとしても2回戦は秋8強の日大二との対戦になる。3回戦に進出すれば夏の大会はシードされるが、その道のりはかなり険しいものと思われていた。しかし、秋はエースの井上 仁が、夏の独自大会の後、肩を痛め、ほとんど投げることができなかった。春は完全復活で臨める。エースの存在が、いかにチームに力を与えるか、それが実感できた一戦だった。

日大二は、秋の準々決勝で東海大菅生を苦しめた大野 駿介が先発。1回裏2つの四死球で一死一、二塁から、4番・築地 星流が中前安打を放って、明大中野八王子が1点を先制した。さらに2回裏には、7番・河野 壮希が内野安打で出塁すると、8番・松本澪音のバントは、犠打エラーとなり一、二塁。1番・須江 陽海のライトオーバーの二塁打で2人が生還し、3-0となった。

明大中野八王子の井上は140キロ近い速球と、スライダー、チェンジアップなどを投げ分ける。とはいえ、3日前の国士舘戦に投げたばかり。疲労もあり、走者も出す。4回表には、日大二の3番・岩田侑真の左前安打、4番・藤井道万の右前安打で無死一、三塁となり、6番・片倉裕文の一ゴロで日大二は1点を返したが、反撃もここまで。

「疲れても気持ちだけはしっかり持っていました」と言う井上は、走者を出すとギアを上げ、日大二打線を抑える。そうしたエースを中心に、守りにもリズムが出ていた。これは秋にはなかった雰囲気だ。
8回表にも安打2本と四球で二死満塁となったが、8番・山口 瑶介を三振で仕留め、点を与えない。

一方明大中野八王子も7回裏から変わった日大二の小林誠明から、7回、8回と満塁のチャンスを迎えたものの、いずれも小林が踏ん張って、追加点は許さなかった。これは日大二にとっては、明るい材料だ。

結局3-1で明大中野八王子が勝った。日大二の田中吉樹監督は、四死球や失策が絡んで失点しただけに、「自滅です」と語った。先発の大野は、秋の準々決勝の東海大菅生と比べると、かなり精彩を欠く感じがしたが、田中監督は、「よく投げた方です。最近球が来ていなかったので、ようやく元通りくらいになったかなと思います」と語る。日大二は、田中監督に言わせると「選手の層は厚くない」ということなので、現在の戦力をいかにレベルアップするかが、夏への課題になっている。

勝った明大中野八王子は、井上投手の調子は、椙原監督によれば、「よくない」ということだが、「大会を通して修正できるようになっている」とも語る。エースの復帰でチームに活力が生まれ、勝つことで自信を深める。明大中野八王子は、チームとして好循環の中にあることは確かだ。3回戦の相手は都立日野。より上位のシードを確保するためにも、重要な試合である。

(記事:大島 裕史)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加