知床沖観光船沈没事故から3週間 潜水士による捜索 19日にも開始

知床沖観光船沈没事故から3週間 潜水士による捜索 19日にも開始

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/05/14
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道知床半島沖で26人を乗せた観光船が遭難した事故で、5月14日で発生から3週間です。不明者の発見はありません。一方、 潜水士による不明者の捜索活動が、早ければ5月19日にも始まることが分かりました。深い海底で捜索が行える「飽和潜水」の装置を積んだ作業船「海進」は、現在、道南の松前の付近を進んでいて、5月17日に網走港に到着する予定です。関係者によりますと、到着後準備を進め、早ければ19日から現場海域で潜水士による捜索活動や、「KAZU1(カズワン)」の船体引き揚げに向けた調査が始まる見通しです。現在も12人が行方不明となっていて、5月14日も捜索が続けられていますが、行方不明者の発見には至っていません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加