「魂も気構えもなくW杯史上最悪の敗北」7失点大敗のコスタリカ代表に母国メディアは辛辣批判! 日本戦へ指揮官は「うまくやれる」

「魂も気構えもなくW杯史上最悪の敗北」7失点大敗のコスタリカ代表に母国メディアは辛辣批判! 日本戦へ指揮官は「うまくやれる」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/11/25
No image

カタール・ワールドカップのグループリーグ初戦、日本代表は強敵ドイツ代表相手に2-1の逆転勝利を飾って世界中に驚きを提供したが、同じグループEのもう1試合も別の意味で注目を集めることとなった。

【動画】スペイン18歳の新星ガビの華麗なアウトボレー弾!日本対ドイツ戦の3時間後にキックオフしたスペイン代表対コスタリカ代表戦は、前者が開始11分のダニ・オルモの先制点を皮切りにして、マルコ・アセンシオ、フェラン・トーレスと前半だけで3ゴール。さらに後半もゴールショーは続き、再びF・トーレス、ガビ、カルロス・ソレール、そしてアルバロ・モラタと続いて計7ゴールを挙げた。

スペインにとっては同国のW杯史における1試合最多得点記録の更新となり、またオルモのゴールでW杯通算100点目に到達(6か国目)、そして18歳のガビはペレ(ブラジル)、マヌエル・ロサス(メキシコ)に次ぐ史上3番目の若さでのW杯ゴールを記録。さらに、90分間で1000本を超えるパス(1003本)を成功させたのも、同国にとっては初のことだった。

加えてボールポゼッション「81.8%」は、記録がとられるようになった1966年イングランド大会以降で最高値となるなど、スペインにとっては多くの記録が生まれた試合。これは逆に言えば、コスタリカにとっても悪しき記録が多く生み出された悪夢のような90分間だったということになるだろう。

ひたすら守備に忙殺されることになったこの試合でのコスタリカのシュート数は「0」。これは同国が1990年イタリア大会のブラジル戦で記録して以来の数字だが、32年前はGKガベル・コネホの神懸かり的なセーブの連発によって無失点を続け、相手のシュートがDFに当たって軌道が変わる不運で1点を失って0-1の敗北を喫するという、今回とは全く異なる状況だった。ちなみにこの時は、コスタリカは初出場ながらスコットランド、スウェーデンには勝利を挙げて、決勝トーナメントに駒を進めている。
後半からピッチに立ったDFのケンダル・ワストンは、「これは、我々が期待したものでも、望んでいたものではなかった。まさに致命的であり、このような痛ましいスコアの後、我々は次の試合(日本戦)に向けて立ち上がらなければならない」と心情を吐露。ルイス・フェルナンド・スアレス監督も、以下のようにコメントを残している(アメリカの通信社『AP』より)。
「本来あるべき形でボールを保持できず、相手にずっとボールを持たれることになり、我々がパスを3、4本と繋ぐことはなかった。我々は物事をうまくやろうというメンタリティーを持ち、ここまでよく準備したが、悪い夜となってしまった。試合に適応するために多くの方法を試みたが、最初からうまくいかなかった。この結果は我々に大きな打撃を与えたが、まだ残り2試合があるので、最大限に力を出し切ってプレーしたい」

また、ストライカーのアンソニー・コントレラスは、「ピッチ上で何が起こったのか説明できない。悲惨な試合だった。我々は勝つためにここに来たのに……。ここで起こったことに対しては、我々は責任を負わなければならない」と反省の弁を述べた。

当初は11月17日にイラクとテストマッチを行なう予定だったが、パスポートの問題で同国への入国を諦め、最終調整なしに本番を迎えることになったコスタリカ。頼みの守護神ケイラー・ナバスも所属するパリ・サンジェルマンでジャンルイジ・ドンナルンマの控えとして今年6月からピッチに立っていない状態であり、チームとして万全でないまま、強敵と対峙した結果、このような大敗を喫する羽目となってしまったようだ。

母国メディアは、悲惨なスタートを切った代表チームに辛辣な言葉を浴びせており、日刊紙『LA REPUBLICA』は「コスタリカは魂も気構えもなく、W杯史上最悪の敗北を喫した」、『LA NACION』紙は「ナバスはスペインで嘲笑の対象になった」「スアレス(監督)よ、笑っている場合か、これは深刻な状況だ」と、厳しい見出しが並んだ。
また、同じくコスタリカの『DIARIO EXTRA』紙は「7失点だったが、もっと増えたかも」と題した記事で、以下のように綴っている。

「試合を通して、コスタリカは“迷子”になり、怖がり、プレーする気力もなく、マークは弱く、プレッシャーもほとんどなかった。スアレス監督のチームの強みのひとつであるゾーンディフェンスは脆弱で、大きなミスを犯した。また、GKナバスのリズムの欠如も目立った。これで、コスタリカの見通しは非常に難しいものとなった」

早くも厳しい状況に追い込まれた中米の雄だが、まだ1試合を終えたばかりであり、巻き返しを図る必要がある。スアレス監督は今後について、「選手たちは、スペイン戦よりもうまくやれると思う。残りの2試合では、これまでとは違うことをやらなければならない。今日起こったことを忘れさせるような、ポジティブな結果を求めていきたい」と語ったが、11月27日に日本の前に立ちはだかるコスタリカは、どのようなプレーを見せるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】日本人にならってサウジサポーターも清掃活動!大金星後の姿に「日本人だけではない」と賛辞集まる【W杯】

【関連記事】「プロ意識に欠ける。傲慢だ」リュディガーの“挑発走り”に元ドイツ代表OBが憤怒!「相手を見くびってはならない」【W杯】

【関連記事】「お前は勝てない!」サウジDFが“失意”のメッシに予期せぬ挑発! 逆転直後の行動が話題に「礼儀を欠いた」【W杯】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加