45周年の『徹子の部屋』、一時は終了説も?「50周年を目指す」決断は本人任せか

45周年の『徹子の部屋』、一時は終了説も?「50周年を目指す」決断は本人任せか

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/02/23
No image

黒柳徹子

女優の黒柳徹子が司会を務めるテレビ朝日系長寿番組「徹子の部屋」が今月2日で前人未到の偉業となる45周年を達成し、黒柳が喜びのコメントを発表した。

同番組は1976年2月2日、亡くなった俳優の森繁久彌さんを初回ゲストに迎えてスタート。開始当初から編集を加えない「生放送スタイル」を貫き、放送8961回を迎えた2011年4月27日には、同一の司会者による最多放送記録としてギネス世界記録に認定された。

45周年について黒柳は、「ものすごくうれしいです!毎日毎日ゲストの方をお招きしてお話をうかがってきましたが、45年という長い歳月が経ったんだなと思うと、やはりすごいことだなと自分でも驚いています」と歓喜。

そして、「きりがいいのは50周年なので、それをとても楽しみにしています」とし、「これからもどんなゲストとの出会いがあるのか、期待でいっぱいです」と意欲を見せた。

>>テロ組織に乗り込んで直談判、地雷原に単独突入!? 黒柳徹子、桁違いの伝説エピソード<<​​​

「すでに徹子さんは自力で歩行するのが難しい状態で、移動は車イスだが、番組では座っている状態なので、そんなことはまったく感じさせない。一時期は45周年で有終の美を飾らせようという話が局の幹部の間で浮上していた。というのも、このところ、数字がパっとしない」(テレ朝関係者)

テレ朝と言えば、昼の情報番組が苦戦し他局の後塵を拝している状態。そのことも、日本テレビからなかなか視聴率三冠を奪還できなかった一因となっている。

「徹子の部屋」は情報番組の合間に放送され、昨年3月までは正午スタートだったのが、その後の改編で午後1時スタートとなった。

「情報番組の間に挟むと、そこで数字が下がり視聴者が戻って来なくなった。そこで、また情報番組の後に戻したので、数字の問題はある程度クリア。局の上層部としては、“功労者”である黒柳さんに50周年までやってもらおうということになったが、もし徹子さんが“ギブアップ”したらそれに従う意向のようだ」(同)

テレビ界の“レジェンド”がどこまで記録を更新するかが注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加