デスゲーム漫画「天空侵犯」Netflixでアニメ化 白石晴香、青木志貴ら出演で21年2月配信

デスゲーム漫画「天空侵犯」Netflixでアニメ化 白石晴香、青木志貴ら出演で21年2月配信

  • 映画.com
  • 更新日:2020/11/21
No image

2021年2月からNetflixで全世界独占配信 (C) 三浦追儺・大羽隆廣・講談社/天空侵犯製作委員会

デスゲーム漫画「天空侵犯」が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして2021年2月から配信されることが決定した。あわせて、白石晴香、青木志貴、榎木淳弥梅原裕一郎らメインキャストとメインスタッフが明らかとなり、キービジュアル、ティザーPVも披露された。

同作は、「亜人」の原作者・三浦追儺氏と「ボックス!」の大羽隆廣氏がDeNAのマンガアプリ「マンガボックス」で2014~19年に連載した漫画が原作。無数の高層ビル群を吊り橋でつないだ“異常空間”を舞台に、女子高生の本城遊理が仲間と協力し、逃げ惑う人々を容赦なく殺戮する謎の“仮面”と生き残りをかけて戦う。

主人公の遊理役を白石晴香、遊理と同じ女子高生でナイフ使いの二瀬真由子役を青木志貴、頭脳明晰な遊理の兄・本城理火役を榎木淳弥、世間知らずのお嬢様・新崎九遠役を関根明良、スナイパー仮面役を梅原裕一郎が演じる。

監督をたかたまさひろ、シリーズ構成を待田堂子、 キャラクターデザイン・総作画監督を植田羊一が務め、アニメーション制作は「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」のゼロジーが担う。

お披露目されたキービジュアルは、鎌を振り上げた血まみれのメイド姿の“仮面”の姿と、武器を構えた遊理と二瀬をとらえた姿の2点。またティザーPVでは異常空間に迷いこんだ遊理が、襲いくる“仮面”に殺されるか殺すかの究極の選択を迫られ、強い意志をもって戦うことを決意する姿が描かれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加