シフィオンテク 26連勝で4強

シフィオンテク 26連勝で4強

  • tennis365
  • 更新日:2022/05/14
No image

イガ・シフィオンテク : 画像提供 Getty

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)は12日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク90位のB・アンドレースク(カナダ)を7-6 (7-2), 6-0のストレートで破り、2年連続2度目のベスト4進出を果たすとともに、ツアー連勝記録を“26”に更新した。

>>BNLイタリア国際 男子組合せ・結果<<

>>BNLイタリア国際 女子組合せ・結果<<

今大会の3回戦で第16シードのV・アザレンカをストレートで破り勝ち上がりを決めたシフィオンテク。この試合の第1セットでは序盤からブレークを奪い合う展開となるとお互いに3度ずつブレークしタイブレークに突入。2度のミニブレークに成功し先行する。

続く第2セットではシフィオンテクが圧倒する。ファーストサービスが入った時に81パーセントの確率でポイントを獲得すると1度もゲームを与えず。6ゲームを連取し1時間44分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトにシフィオンテクのコメントを掲載し「試合を重ねるごとに、自分のプレーが良くなっているのを感じている。第1セットはかなりタイトで、浮き沈みもあったけど、大事な場面でいいプレーができたわ」と語った。

「第2セットではきちんと集中すれば、素晴らしいテニスができることを教えてくれた。準備は万端だったし戦術的なこともいいプレーができた」

昨年大会の女王シフィオンテクは準決勝で第3シードのA・サバレンカと対戦する。サバレンカは準々決勝で世界ランク32位のA・アニシモワ(アメリカ)を4-6, 6-3, 6-2の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第9シードのO・ジャバー(チュニジア)が4強に駒を進めている。

また、今回の勝利によってツアー連勝記録を“26”に伸ばしたシフィオンテクは、2000年以降の連勝ランキングでアザレンカに並んだ。

【2000年以降の連勝記録】
1.V・ウィリアムズ(アメリカ)35連勝(2000年)
2.S・ウィリアムズ(アメリカ)34連勝(2013年)
3.J・エナン(ベルギー)32連勝(2008年)
4.S・ウィリアムズ 27連勝(2015年)
5.シフィオンテク 26連勝(2022年)
5.V・アザレンカ 26連勝(2012年)
6.S・ウィリアムズ 25連勝(2014年)
7.J・エナン 24連勝(2005年)
7.V・ウィリアムズ24連勝(2002年)
9.大坂なおみ23連勝(2021年)

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加