【MLB】ロイヤルズのペレスが5試合ぶり43号3ラン ゲレーロJr.と2本差、大谷と1本差に接近

【MLB】ロイヤルズのペレスが5試合ぶり43号3ラン ゲレーロJr.と2本差、大谷と1本差に接近

  • フルカウント
  • 更新日:2021/09/15
No image

43号を放ったロイヤルズのサルバドール・ペレス【写真:AP】

「3番・捕手」で出場したペレスは6回に豪快な一発

■ロイヤルズ ー アスレチックス(日本時間15日・カンザスシティ)

ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手が43号の本塁打を放った。14日(日本時間15日)に行われた本拠地でのアスレチックス戦に「3番・捕手」としてスタメン出場。6回の第3打席で5試合ぶりの一発をスタンドまで運び、エンゼルスの大谷翔平投手との差を1本差とした。

4試合連続で本塁打のなかったペレスが5試合ぶりに快音を響かせた。2点差に詰め寄った6回1死二、三塁で打席に立つと、左翼スタンドへ豪快な一発。8日(同9日)のオリオールズ戦以来の本塁打は43号3ランとなった。

この一発で本塁打王争いでトップに立ったブルージェイズのゲレーロJr.と2本差、2位の大谷に1本差とその差を詰めた。今季の打点数を一気に109打点とし、ホワイトソックスのアブレイユを抜き、単独トップに立った。

ペレスは3回の第2打席でも中前への適時打を放っており、この日は5打数2安打1本塁打4打点。チームの逆転勝ちに貢献していた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加