デーブ、最強寒波にちなんだ“謎かけ”披露 その心は「寒くて凍り付いた」

デーブ、最強寒波にちなんだ“謎かけ”披露 その心は「寒くて凍り付いた」

  • Sirabee(オトナ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

タレントでテレビプロデューサーのデーブ・スペクターが25日、公式ツイッターを更新。最強寒波にかけたギャグを披露してファンの反響を呼んでいる。

【ツイート】ギャグと寒波にちなんだ謎かけ

■最強クラスの寒波

普段から、ダジャレやギャグのツイートを好んでいるデーブ。中でも、冬の寒さと引っ掛けたギャグは定番となっている。

日本列島は24日夜から「10年に1度」ともいわれる最強クラスの寒波に覆われており、各地で積雪や路面凍結によるスリップ事故、車列の立ち往生、列車の運休などの影響がみられた。

関連記事:デーブ、国会の雰囲気をよくする“ある提案” 「人間の議員よりも…」

■「不発ギャグとかけて…」

東京都心でも今年一番の冷え込みとなり、日比谷公園のシンボルの1つとして知られる「鶴の噴水」も凍り付き、鶴の羽の部分には氷柱が垂れ下がった。

デーブは、「デーブ・スペクターの不発ギャグとかけて日比谷公園の噴水と解く その心は 寒くて凍り付いた」と最強寒波にちなんだ“謎かけ”を披露した。

■ファンからツッコミ

この投稿に、ファンからも「デーブ・スペクターの大ウケギャグとかけて強烈寒波と解く その心は 10年に1度」「デーブ氏のギャグとかけて凍った歩道と解く その心は 良く滑るので注意!」と謎かけが届き、「どちらも滑りがよろしいようで…」との声も。

さらに、「いつも不発やないかい!」「不発じゃないときってあったか?」「さりげなく『1年通してたまにしか凍り付かない』というニュアンスを混ぜるのやめてください(笑)」といったツッコミも寄せられている。

■ギャグと寒波にかけた謎かけ

デーブ・スペクターの不発ギャグとかけて
日比谷公園の噴水と解く
その心は
寒くて凍りついた
— デーブ・スペクター (@dave_spector)
January 25, 2023
from Twitter

(文/Sirabee 編集部・けろこ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加