秋に後悔しない! 夏の肌ダメージの原因と対策方法をチェック!

秋に後悔しない! 夏の肌ダメージの原因と対策方法をチェック!

  • 暮らしニスタ
  • 更新日:2022/08/06
No image

秋に後悔しない! 夏の肌ダメージの原因と対策方法をチェック!

紫外線が強くなる夏は、肌のダメージが気になる季節。また、紫外線以外にも注意しなければならないポイントも存在します。

そこで今回は、秋に後悔しないためにも覚えておきたい、夏の肌ダメージの主な原因やケアのポイントをご紹介します。

■紫外線だけじゃない!? 夏の肌ダメージの原因とは?

夏は、肌がダメージを受ける要素の多い季節です。なかでも注意が必要なのは、やはり紫外線によるダメージでしょう。

夏の紫外線は強力なので、シミの原因となるメラニンが生成されやすくなります。紫外線対策を怠れば、シミになってしまうリスクはもちろん、角質が厚くなって代謝が落ち、皮膚のくすみやゴワつきなどを感じやすくなります。

また、紫外線を浴びると角層の乱れや炎症を引き起こし、コラーゲンを分解する酵素が作られやすくなります。この分解酵素が増えすぎると、肌を支えるコラーゲンが失われ、ハリがなくなってしまうので注意しておきましょう。

さらに、夏は紫外線以外にも注意が必要なポイントが存在します。

たとえば、エアコンの使用による肌の乾燥や、過度な洗顔による皮脂不足などにも注意が必要です。夏は湿度の高い日が多く、汗をたくさんかくため、何度も顔を洗ったり、ゴシゴシ洗ったりしたくなる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、こういった洗顔は、皮膚にとって必要な皮脂まで流してしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。

■夏の肌ダメージを抑えるためのポイントは?

次に、夏の肌ダメージを抑えるためのポイントを確認していきましょう。

毎日欠かせないUVケアは、落とすだけでなく、しっかり潤すところまでをワンセットとしてください。

日焼け止めを塗るとき・落とすときは、肌をいたわるように優しくゆっくり行い、肌への刺激や負担を極力減らしていきましょう。

生活面でも冷え防止・水分補給・代謝アップなどを心がけることが大切です。

夏は、冬に比べて基礎代謝が下がりやすいだけでなく、冷房の効いた部屋に長時間いたり、冷たいものを摂取しすぎたりと、体が冷えて血行不良になりがちです。

血行不良の状態では、肌の健康に必要な栄養素が行き渡らず、肌トラブルを招いてしまう恐れがあるため注意が必要です。

適切な室温をキープし、温かい食事を心がけてください。じっとしていることが多いなら、ストレッチやマッサージをして血行を促しましょう。

また、シャワーだけでなくしっかり入浴すれば、冷えの防止や代謝アップを図ることができます。

■おわりに

今回は、夏の肌ダメージの原因や対策のポイントをご紹介しました。

夏は紫外線だけでなく、肌ダメージにつながる要因が多く存在します。

秋に後悔してしまわないよう、今回ご紹介した情報も参考に夏の肌ダメージ対策に取り組みましょう。

【美容ライター】 富永ゆう

キレイになれる情報を求めて日々情報収集を行い、そのネタを美容コラムとして発信中。併せて、30代になってから結婚した経験をもとに、恋愛に関する体験談も執筆している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加