楽天・逆転許す ブセニッツが右足に打球直撃で負傷降板 安楽が連続適時打と痛恨暴投

楽天・逆転許す ブセニッツが右足に打球直撃で負傷降板 安楽が連続適時打と痛恨暴投

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

楽天・ブセニッツ

「西武-楽天」(14日、ベルーナドーム)

楽天はリリーフ陣が崩れ逆転を許した。

3点リードで迎えた七回、好投を続けていた、先発の早川隆久投手に代わってマウンドに上がった、アラン・ブセニッツ投手が右足に打球を受け、1死一、三塁とピンチを作って負傷降板となった。

この緊急場面で登板した安楽智大投手が、川越、滝沢に連続適時打を許し、同点とされると、2死三塁から暴投で勝ち越しの1点を献上してしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加