松山英樹は10回目のマスターズへ 「いい状態、今週は楽しみ」

松山英樹は10回目のマスターズへ 「いい状態、今週は楽しみ」

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/04/07
No image

松山英樹が10回目のマスターズに挑む|撮影:GettyImages

<マスターズ 事前情報◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

アジア太平洋地域のアマチュアナンバー1に輝き、はじめてオーガスタの地を踏んだのが2011年。ローアマを獲得し、「マスターズ」の表彰式にはじめて出席してから10年。ついに松山英樹が節目となる10回目の出場を果たす。

松山英樹の2021年ドライバースイング【連続写真】

17年8月の「WGC-ブリヂストン招待」以来、勝利から遠ざかっている松山。自身も常々「6勝目をしたい」と話しているが、今季もここまでは思うように結果を出せていない。先週も初日は満足のラウンドを生み出したが、2日目以降は失速。次こそは、の状態が続いている。

そんななかではあるが、過去にもトップ5入りを記録している今大会。自身も期待は高まってきている。「とてもいい状態にはなってきていると思うので、今週楽しみだなと思います」と、オーガスタと対峙する準備はできている。

「いいことも悪いこともこのコースではいっぱい経験しましたし、今年はいいプレーができるように頑張ります」と、メジャーの舞台ではどちらに転ぶか分からないのが正直なところ。「グリーンがタフ、マネジメントと忍耐力がすごく大事」と、警戒すべきは高速グリーンだという。

多くの選手が今年はコースが硬く速いとしていることもあって、グリーンやグリーン回りのパフォーマンス向上が、上位進出のカギとなりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加