景気ウォッチャー調査 前回“宣言”以来の低水準

景気ウォッチャー調査 前回“宣言”以来の低水準

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

景気の実感は前回の緊急事態宣言以来の低い水準となりました。

働く人に景気の実感を尋ねる内閣府の先月の景気ウォッチャー調査で、景気の現状を示す指数は前の月から10.1ポイント下がって35.5となり、去年5月以来の低い水準となりました。

特に飲食関連の下げ幅が大きく、レストランなどから「年末の忘年会需要が消えた」「個人の会食も敬遠する傾向が強まった」などの声が上がっています。

このため、内閣府は先月に引き下げた判断をさらに引き下げ、景気について「このところ弱さがみられる」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加