【訃報】英の大物監督、逝く

【訃報】英の大物監督、逝く

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/08/01
No image

映画「ミッドナイト・エクスプレス」「エビータ」などの作品で知られる英国の映画監督、アラン・パーカーさんが7月31日、亡くなった。76歳だった。BBCなど英メディアが一斉に報じた。

1944年2月、ロンドン生まれ。71年、友人のデヴィッド・パットナム氏が製作した映画「小さな恋のメロディ」の脚本を担当。78年の監督作「ミッドナイト・エクスプレス」がアカデミー賞の脚色賞と作曲賞を受賞。88年には米国の人種差別の根深さを描いた「ミシシッピー・バーニング」を監督した。アルゼンチンの元大統領夫人の波乱に満ちた生涯を描いた96年の「エビータ」では、歌手マドンナが主演を務めて話題になった。

ミュージカルに続き映画の「エビータ」でも音楽を担当したアンドルー・ロイド・ウェバー氏はツイッターで「訃報に接し、大変悲しいです。私の友人であり、「エビータ」の共同制作者であり、スクリーンで表現するミュージカルを真に理解していた数少ない監督でした」と追悼した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加