群馬大学発ベンチャー立ち上げ...「無人移動サービス導入パッケージ」を展開

群馬大学発ベンチャー立ち上げ...「無人移動サービス導入パッケージ」を展開

  • レスポンス
  • 更新日:2020/08/01
No image

群馬大発ベンチャーの日本モビリティが設立

群馬大学は7月29日、群馬大学発ベンチャー企業として「日本モビリティ」を設立したと発表した。

日本モビリティは、自動運転の社会実装を目指した研究開発・実証実験を実施してきた群馬大学の小木津准教授の持つ経験やノウハウを活用するために設立した。小木津准教授が長年蓄積してきた経験やノウハウをもとに、業界初の「無人移動サービス導入パッケージ」を構築し、自動運転の社会実装、無人移動サービスの導入を支援する。

無人移動サービス導入パッケージはまず、自動運転を走行させる路線を多角的に分析する。次に、分析結果から自動運転の導入計画を策定し、群馬大学で培った実証実験の実施スキルを活かした最適な実証実験の展開を目指す。

実験で導入計画の妥当性を実証した後、無人移動サービスの導入に必要な自動運転車両やシステム、その他周辺の技術やサービスを提供する。その後、地域で自律的に運用できるようになるまで支援する。

日本モビリティは、無人移動サービス導入パッケージを全国に展開しながら提供する無人移動サービス導入パッケージの高度化、充実化を研究開発や他社との業務提携で実現し、無人移動サービスをより広く導入できる環境を整備する。

レスポンス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加