【楽天】田中将大6回9安打4失点で8敗目「取られるべくして取られてしまった」四球とミス響く

【楽天】田中将大6回9安打4失点で8敗目「取られるべくして取られてしまった」四球とミス響く

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

ソフトバンク対楽天 5回裏ソフトバンク2死一、二塁、田中将は牧原大に中前適時打を浴び、悔しげな表情を見せる(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク9-1楽天>◇6日◇ペイペイドーム

楽天田中将大投手(33)が、6回9安打4失点で8敗目を喫した。

四球とミスが響いた。3回2死で四球を与えると、二盗を許し、川瀬の適時二塁打で先制点を献上。同点の5回は四球と左前打で無死一、二塁のピンチを招くと、甲斐の投前に転がった犠打を一塁手の鈴木大と見合い、安打に。1死満塁から川瀬に犠飛、牧原大、柳田に連続適時打を浴び、3点を失った。「取られるべくして取られてしまったなと思います。しっかりとボールをコントロールできなかった部分もあった。非常にもったいなかった」と悔やんだ。

バント処理については、すぐに鈴木大と再確認した。「お互いミスコミュニケーションだったところはあった。結果的にあのミスがすごく今日のゲームにとって痛かったですし、あそこでアウトを取れていればというところ、たらればになりますが。でも今後シーズンは続いていくし、ああいうシチュエーションも出てくると思う。同じミスをしないように、次はしっかりコミュニケーション取ってやっていこうということ」と前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加