スズキ「ジムニー5ドア」は、発表されたインドでも客がもみくちゃになるほどの大人気【インド国際自動車ショー】

スズキ「ジムニー5ドア」は、発表されたインドでも客がもみくちゃになるほどの大人気【インド国際自動車ショー】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2023/01/25

■「ジムニー5ドア」、残念ながら現在のところ日本への導入はありません!(スズキ広報部談)

カスタムカーの祭典である、東京オートサロン2023が1月13日(金)~15日(日)、3日間の会期を終えて終幕しました。千葉県にある幕張メッセには3日間で17万9434人が来場しました。

No image

ジムニー5ドア車とフロンクスの発表シーン

この東京オートサロン2023の開催中に、インドのデリーでは国際自動車ショーのオートエキスポが開催されました。

インドといえば、2022年の新車販売台数(乗用車と商用車の合計)が472万台と、対前年比26%で過去最高を更新しています。この数字は日本の約420万台という販売台数を上回り、インドは中国、そしてアメリカに次ぐ世界第3位の市場となりました。

このインドの乗用車マーケットで大きなシェアを占めているのが「マルチ・スズキ」です。マルチ・スズキは日本のスズキ株式会社のインド子会社で、2022年のインドにおける乗用車マーケットでは、約41.6%のシェアを占めている圧倒的な存在です。

No image

コンセプトモデルのeVX

ただ、現在でも4割以上のシェアを占めていますが、かつて5割を超えていた時もあり、勢いが衰えています。その理由は、SUV市場台頭の流れに乗れていなかったことが挙げられます。

そこで、今回のデリーで開催されたオートエキスポで、マルチ・スズキは2025年までに市販化を予定している、BEVの世界戦略モデルのコンセプトモデル「eVX」を発表しました。

No image

コンパクトSUVのフロンクス

そして、ガソリンエンジンを搭載したフロンクスと,ジムニー5ドア(日本名:ジムニーシエラ)を発表しました。

フロンクスは、力強さと流麗さを際立たせた、新しいクーペスタイルと取り回しの良さを備えた新ジャンルのSUV。迫力と厚みのあるフロントグリルと、リアへ向かって美しく傾斜を描くクーペスタイルが特徴のSUVです。

フロンクスのボディサイズは、全長3,995mm×全幅1,765mm×全高1,550mmと、日本の都市部に多く存在する立体駐車場に対応しています。搭載するエンジンは、1Lターボと1.2L自然吸気の2種類です。

No image

ジムニー5ドア車のフロントスタイル

そして、マルチ・スズキのプレスカンファレンスで最も注目が高かったのが、ジムニー5ドアです。日本で販売されているジムニーシエラをベースに、5ドア化したモデルです。

インド仕様のジムニー5ドア車のボディサイズは全長3,985mm×全幅1,645mm×全高1,720mm。ホイールベースは2,590mmとなっています。

No image

ジムニー5ドア車のリアスタイル

日本で販売されているジムニーシエラと比べると、全長は+435mm、全高は-10mm、ホイールベースは+340mmと、ロングホイールベース化され、リアの居住性も向上させているのが特徴です。

ただし、搭載しているパワートレインは1.5Lエンジン+5速MT/4速ATで同じです。

2018年に日本で生産・販売を開始した4代目ジムニーは、欧州や大洋州などへも輸出され、大ヒット。インドでも2020年11月より輸出専用車として生産開始し、アフリカや中南米などへ輸出されています。

ジムニーシエラの人気は、販売開始から4年が経過した現在でも、1年~1年半と新車の納期が長期化しているほど。この5ドアモデルが日本市場に導入されるとしたら、もっと長期化する可能性があります。

No image

もみくちゃ状態のジムニー5ドア車。近づくのも大変だった

5ドアモデルの日本導入について、広報部に確認したところ、インドで生産するので現在のところその予定はない、とのことでした。

現地を訪れたカメラマンによると、ジムニー5ドアの人気はすさまじく、コロナ禍がおさまりつつあるとはいえ、想像を絶するような密状態だったとのこと。この密状態は東京オートサロン2023を超えるほどということでした(※東京オートサロン2023は「感染防⽌安全計画」の上、3日間合計18万人上限にて開催)。

日本だけでなく、海外でも人気のジムニーシエラ。販売から4年が経過した現在でも、新車の納期が短縮されない理由は、海外のモーターショーを見れば納得できます。

(文:萩原 文博、写真:スズキ自動車、小林 敦志)

あわせて読みたい

スズキ伝統のVツインスポーツ「SV650/X」に新色を採用した2023年モデルが登場

クロスオーバーSUVに未来はない!? シトロエンCEOが過激発言

レクサス「LF-SA」の市販型がいよいよ発表へ!まさに「ヤリスクロス」の高級版だ

スズキから軽自動車より小さい小型モビリティ「ツイン」デビュー。2人乗りコミューターへ大注目【今日は何の日?1月22日】

東京国際カスタムカーコンテスト2023の受賞車を見てきた!Kカー・コンパクト部門編【東京オートサロン2023】

萩原 文博

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加