「スニーカーベストドレッサー賞」前田敦子・めるる・川村壱馬ら受賞

「スニーカーベストドレッサー賞」前田敦子・めるる・川村壱馬ら受賞

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/02/22
No image

スニーカーを素敵に履きこなしている著名人を表彰する「スニーカーベストドレッサー賞 2021」授賞式が22日、都内で行われ、受賞者の前田敦子、“めるる”こと生見愛瑠、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、チョコレートプラネットの松尾駿が出席した。

“ママ”前田敦子、スニーカーは履きやすさ重視 長男とお揃い「買ってしまう」

前田は春らしい薄いピンクのスニーカーを履いて登場。スニーカーはアイドル時代に愛用していたが、19年3月に長男を出産してママになってからも欠かせない存在という。前田は昨春に発出された緊急事態宣言中に「子供が歩き始めまして」と明かし、「散歩で初めてスニーカーを履かせて一緒にスニーカーで歩いた思い出がある。いまお揃いがいっぱい売っているので思わず買ってしまう」とほほ笑み、ママの顔を見せていた。

川村は受賞に「率直に、僕ですか?」と目を丸くしたが「スニーカー好きなのでとても光栄」と喜び。「私服がカジュアルとよりフォーマル。スーツのセットアップやコートが多くなってしまう。その中でスニーカーを履くとはずしてくれるのでフォーマル過ぎない感じになるのが好き」と魅力を語った。

思い出の一足は母親から誕生日プレゼントにもらったスニーカーで「割とスポーティーな感じ。某有名な、レアなやつを買ってもらいました。今は旬を過ぎましたが衣装部屋に眠っている。手放せない宝物です」と紹介。また「スニーカー履いてトレーニングとか走り込みをがっつりやりたい。事務所の先輩の企画で野球があるのでフィジカルを鍛えたい。ダンスもやるのでリハ2時間踊っても疲れない体力をつけたいですね」と話した。

生見は、アースブルーのセットアップに茶色の白のスニーカーという組み合わせで登場。「スニーカーではずしてカジュアルダウン。ブルーとブラウンは流行りのカラーなので、それでまとめてみました」と人気モデルらしいトレンドを意識したコーディネートで会場を彩った。

受賞について「めちゃめちゃうれしい。こんな素敵な場所に呼んでもらえるとは。トロフィーもこんなに重いんだと実感した。プライベートでたくさん履くのでありがたい。光栄です」と満面の笑み。スニーカーを履きこなすポイントは「私服は“ピタゆるコーデ”が多い。上か下どちらかピタッとなるような感じでスタイルが際立つようにスニーカーを履くのが好き」といい、今気になるスニーカーは「ボリュームのあるもの。あと、普段は白や黒が多いんですがカラーのスニーカーを探してみたい。レインボーとか、かわいい春夏アイテムが気になっています」と明かした。

また「スニーカーを履いてジムに行きたい。今年は鍛えたい」と意気込むと、横に立つチョコプラの松尾が「しっかり自分のサイズにあったスニーカーを履けば僕みたいにパーフェクトボディになれますんで」と上着をめくり、たるんだお腹のわがままボディをみせて笑わせた。

松尾は念願の受賞となり「本っ当にうれしい!こういう賞をもらったことない。トロフィーも初めてもらった。(スニーカーベストドレッサー賞は)M-1、キングオブコント、R-1、THE Wに並ぶくらの賞だと聞いています。初めてチャンピオンになれた。よっしゃああ!」と歓喜の雄叫び。スニーカーの選ぶ基準を問われると、「IKKOさんのモノマネをすることが多いのでとにかく足がきれいに見えるかがポイント。面白いとかどうでもいいので、とにかく足をきれいに見せたい」とIKKO同様に美を追求していた。

今年で4回目の開催となる同賞は、「スニーカーが似合う」「今後スニーカーを履いてほしい」「スニーカーの需要喚起に貢献してくれた人」を各部門賞ごとに選出し、表彰するもの。女優部門を前田、モデル部門を生見、俳優部門を川村、芸人部門を松尾、特別賞に「スニーカービズ」を新たな県民運動として積極的に取り入れている福島県がそれぞれ選ばれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加