【相撲編集部が選ぶ九州場所13日目の一番】髙安、貫禄の2敗対決勝利。豊昇龍が敗れ、ついに単独トップに

【相撲編集部が選ぶ九州場所13日目の一番】髙安、貫禄の2敗対決勝利。豊昇龍が敗れ、ついに単独トップに

  • BBMスポーツ
  • 更新日:2022/11/25
No image

髙安(上手投げ)王鵬

髙安が王鵬との2敗対決に勝利。もう一人並んでいた豊昇龍が貴景勝に敗れたたため、13日目でついに今場所初めて優勝争いの単独トップに立った。

この日は10歳年下の王鵬との激突。今場所充実の若手を相手に、この日も右のカチ上げで当たった。当たったあとはすぐに左右の突き。好調の王鵬もいい当たりから突き返すが、やや当たり勝った分、髙安のほうが多く手数を繰り出した。突き合いで圧力勝ちした髙安は、差し手争いでの先手につなげる。左をのぞかせ、下手をつかむことに成功した。こうなれば髙安。引き付けながら寄って右上手もつかむと、さらに寄って起こし、豪快に土俵中央に投げ捨てた。

「落ち着いて取れました。(王鵬とは)稽古場でも胸を合わせたことがありますし」と髙安。まさに元大関の貫録勝ちだった。

そのあと、結びの一番で豊昇龍が貴景勝に敗れ3敗目。いよいよ髙安は13日目にして、ついに今場所初めて優勝争いの単独トップに立つことになった。

髙安にとっては、これが今年3度目の優勝争い。3月場所には13日目を終わって単独トップに立ちながら、そのあと連敗。優勝決定戦で若隆景に敗れた。先場所は1差に食いついていたが、千秋楽に玉鷲との直接対決に敗れた。さらにさかのぼれば、平成30年の11月場所では14日目に貴景勝との直接対決に勝ってトップに並びながら、千秋楽に敗れて優勝を逃したこともある。このように、これまで“ここ一番”のチャンスをことごとく逃してきているだけに、単独トップに立ったこのあとこそ、髙安にとっては真価を問われるところとなる。

この点については、「いい緊張感があります。楽しくやりたいです。(今年、3度目の優勝争いで)経験もありますので、伸び伸びやりたいです」と答え、今のところ、過度なプレッシャーを受けているような感じはとりあえずはなさそう。ただ最後に「残り2日だが」と問われたときには、「来年に向けて、残り2日間やりたいですね」と、ちょっと不思議な答え。“優勝に向けて”と言わなかったのは、本当に意識していないのか、それとも敢えて意識しないようにしたのか……。

14日目は輝との対戦が決定。ほかに阿炎-豊昇龍、貴景勝-王鵬と3敗同士の取組が組まれているため、誰が優勝するにせよ、決定は千秋楽になるが、さて、髙安の対戦相手はどうなるか。そろそろ対上位に戻って琴ノ若か、若元春か、あるいは下位から阿炎か阿武咲か……。立ち合い思い切ってカチ上げていける相手かどうかもカギになりそうだ。

今度こそチャンスをものにできるか。32歳、遅咲きの花が開くときを、多くのファンが待っている。

なお、この日、カド番だった大関・正代は玉鷲に押し出されて負け越しとなり、関脇への陥落が決定。これで、照ノ富士以降に昇進した大関(照ノ富士、髙安、栃ノ心、貴景勝、朝乃山、正代、御嶽海)は、7人すべてが関脇陥落を経験することになった(照ノ富士のようにその後横綱にまで上がる例があったり、朝乃山は事情が違ったりはするが)。これで来年1月場所は1横綱1大関。特定の力士が何場所も連続して突出した成績を残すことが難しい力関係となった今、昇進基準、降格基準も議論が必要になってくるかもしれない。

文=藤本泰祐

相撲編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加