阪神・井上がプロ初安打初打点マーク 甲子園デビュー、代打で快音

阪神・井上がプロ初安打初打点マーク 甲子園デビュー、代打で快音

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

8回、プロ初安打、初打点となるタイムリー二塁打を放つ阪神・井上広大=甲子園(撮影・飯室逸平)

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場)

阪神のドラフト2位井上がプロ初安打初打点で甲子園デビューを飾った。

4-0の八回、小雨が舞う中、代打で登場。4番手・久保と対戦し、2ストライクからの5球目を捉え、中越え二塁打を放った。プロ初打点もマーク。

記念すべき試合となった井上は、塁上で照れ笑いを浮かべた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加