「アサーノはボンバー、ファンなんだ」「マジでいいよ!」ボーフム本拠地で聞いた浅野拓磨のリアル評。“相手が嫌がる選手”の価値をファンは理解【現地発】

「アサーノはボンバー、ファンなんだ」「マジでいいよ!」ボーフム本拠地で聞いた浅野拓磨のリアル評。“相手が嫌がる選手”の価値をファンは理解【現地発】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

ホッフェンハイム戦で圧巻の2ゴールを決めるなどシーズン後半に調子を上げた浅野。(C)Getty Images

日本代表FW浅野拓磨が所属するボーフムの今季ホーム最終戦は、和やかな雰囲気で試合が行われるかと思われていた。すでに残留を果たしているからだ。試合前には、今季でチームを去ることになる選手一人一ひとりに記念品が贈呈され、このお別れセレモニーがこの日のメインイベントになるのではという声もあった。

一方、対戦相手の奥川雅也がプレーするビーレフェルトは、勝たなければ残留の可能性が極めて厳しくなる。モチベーションという面でもアウェーチームが有利というのがドイツメディアの予想だった。

ところが、開始直後から躍動感のあるプレーの連続であっという間に試合を支配したのはボーフムのほうだ。ビーレフェルトにほとんど攻撃を許さずに、次々にチャンスを構築。ファンは大きな声援でチームの背中を押していく。22分にセバスティアン・ポルターが先制ゴールを決めると、スタジアムは一段とボルテージを上がった。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち記者席に座る私の耳に何度も聞こえてきたのが、「アサーノ!」という声援だ。攻撃では鋭い飛び出しとチャンスにつながるパスで起点となり、守備でも多くのシーンで貢献。後半に左サイド自陣深いところで相手のボールをカットし、そのあとも的確なパスで攻撃につなげたシーンでは、「おいおい、またアサーノだ。マジでいいよ!」「ああ!」という興奮したファンの会話があった。

結局、ボーフムは2-1でホーム最終戦を勝利で飾り、チームは試合後長い間グラウンドに残り、ファンとともに何度も何度も喜びあっていた。

ボーフムでは、試合後の監督会見がまだリモートで行われる。ミックスゾーンはなし。メディアルームも閉ざされたままなので、記者席から参加することになる。準備をしていたら、後ろからファンに話しかけられた。

「アサーノの取材?彼はボンバーだよ!」

ボンバーというのは、ドイツにおいて結構な誉め言葉だ。うれしくなって「浅野は本当に今日いいパフォーマンスをみせていたよね」と返すと、「いやいや、今日だけじゃないよ。ずっといいプレーを見せてくれている。俺はアサーノのファンなんだ。ユニホームを買おうと思っているよ。チームのために戦ってくれるし、スピードがあるし、あとアイデアもある。素晴らしい選手だ」とさらに称賛の言葉を並べてきた。
ボーフムのチームメイトは、シーズン途中から、浅野の使い方をわかってきた。まずスペースに走らせる。快足を活かしてサイドを抜けてきたら、マイナスの位置へ走りこむ。シンプルだが、高確率でボールをゴール前に送れるので相手にとっては厄介だ。

ボールのもらい方にも工夫がみられる。前に出る動きをしながら急ストップから方向を変える。これを繰り返されると、相手はついていくのが難しい。スピードのある選手が常に動く。守備でも簡単に振り切らせずについていき、タイミングよく身体を寄せてボールを奪取することもできる。相手が嫌がる選手だ。そして、この「相手が嫌がる選手」というのはチームにとって非常に価値があるというのを、ボーフムのファンはよくわかっている。

「そこ(得点やアシスト)だけにこだわらず、試合に出ている以上チームのために全力でプレーするというところは、自分が成長してこれたところだと思う。守備もそうですし、攻撃でも献身的にプレーするところとか、もっともっとやっていかないとですね」

以前、浅野はそんな風に話していた。チームにとって大切なプレーを一つもさぼらずにやり続ける。助けるために走り回る。戦い続ける。チャンスを作り続ける。それがなければ、試合で起用してもらえるはずもない。数字はその先にあるものであり、数字を出すためにチームプレーをしないというのは矛盾している。

もちろん攻撃的な選手としてゴールやアシストの数が物足りないという指摘は間違っていない。シーズンはここまで3得点3アシスト。キッカー誌のオリバー・ビッター記者は「浅野は多くの試合でいいアクセントをつけていたが、効果的ではなかった。スピードがあるし、素早いし、ドリブルもいい。ただシュートシーンでいつも慌ててしまう」と指摘していたことがあったが、本人もそこは理解している。

「一番はやっぱりゴールですよね。これまでのブンデスもそうですけど、ゴールを取るところが非常に難しい。そこに飢えて飢えて」

そう言葉を残してくれたことがあった。だからと言って、ゴールを取るための特効薬があるわけでもない。取り組み続けた先に結果はついてくる。これまで選手生活で積み重ねてきた経験があるから迷いはしない。
28節のホッフェンハイム戦では、カタール・ワールドカップで日本と対戦するドイツ代表のハンジ・フリック監督が視察に訪れる中、カウンターから自身で持ち込んで見事な2ゴール。さらに、32節のドルトムント戦では2アシストの活躍で4-3の逆転勝利に大きな貢献を果たしたのも記憶に新しい。

復帰したブンデスリーガのインテンシティにも慣れてきた終盤の活躍は頼もしいかぎりだ。来季はさらなる活躍を期待したい。

ドイツ代表の分析スタッフからは厳しいマークをされるだろうが、チームメイトのCBマキシム・ライチュから「重心が低くて彼相手に守るのは難しい」とほめられたクオリティを発揮して、“相手が嫌がるプレー”を見せてほしい。

文●中野吉之伴

【動画】ドイツメディアが絶賛!浅野が決めた衝撃ミドル弾&独走決勝ゴールをチェック

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加