米政権、感染拡大するサル痘の検査体制を強化

米政権、感染拡大するサル痘の検査体制を強化

  • ロイター
  • 更新日:2022/06/23

[ワシントン 22日 ロイター] - バイデン米政権は22日、サル痘感染が拡大する中、検査体制を強化すると表明した。疾病対策センター(CDC)が民間検査所運営5社に検査キットの出荷を開始した。

No image

バイデン米政権は22日、サル痘感染が拡大する中、検査体制を強化すると表明した。疾病対策センター(CDC)が民間検査所運営5社に検査キットの出荷を開始した。写真は、電子顕微鏡で確認できたサル痘ウイルス。2022年5月18日に撮影。(2022年 ロイター/Cynthia S. Goldsmith, Russell Regnery/CDC/Handout via REUTERS )

21日現在、米国では24州とワシントンDCで累計142人のサル痘感染者が報告されている。国内初の患者は5月17日にCDCに報告された。

保健福祉省(HHS)は「全国的に検査所を増やすことで、検査を受ける必要がある人は誰でも受けられるようにする」と説明。医療従事者は7月上旬までにこれらの検査所を利用できるようになるという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加