九州のふるさとの味とイタリア料理をコラボ 有名店が手がける“温かいおせち” 調理時間は5分! 福岡市

九州のふるさとの味とイタリア料理をコラボ 有名店が手がける“温かいおせち” 調理時間は5分! 福岡市

  • テレビ西日本
  • 更新日:2021/09/15
No image

テレビ西日本

福岡市・天神にあるイタリアンレストランでは、九州のふるさとの味とイタリア料理をコラボさせたおせちを開発しました。

上段には低温調理した熊本の赤牛のローストや、福岡・朝倉の古処鶏のロール仕立てなど正月らしい品が並びます。

そして下の段には…

◆リポーター

「こちらのイタリアンレストランの選りすぐりのメニューが、温かい状態で家庭でも味わえるんです」

◆リストランテ Kubotsu 窪津朋生料理長

「おせちというと冷たいものをそのまま食べるということが多いかと思うんですけど、やっぱり寒い時期じゃないですか。簡単に温められて身体が暖まるような、そういった料理をご用意していくようにしています」

調理時間はたった5分。

真空パックのまま湯煎し、温まったら皿に盛り付けるだけの簡単調理です。

牛ほほ肉の煮込みやアクアパッツアなど、寒い時期にうれしいメニューが詰められています。

◆リストランテ Kubotsu 窪津朋生料理長

「こういったご時世の中なんですけど、食事ってみなさんにとってすごく大事な時間、このコロナだから気づけたことっていうのがあります」

コロナ禍を反映し、さまざま工夫を凝らしたおせち。

2022年こそは、明るい1年のスタートを切れるようにとの思いも込めてあります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加