『望み』“長女”清原果耶を堤幸彦監督が絶賛「怖いくらい巧い」 新カット解禁

『望み』“長女”清原果耶を堤幸彦監督が絶賛「怖いくらい巧い」 新カット解禁

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/09/15
No image

映画『望み』に出演する清原果耶<画像をもっとみる>

俳優の堤真一が主演を務め、女優の石田ゆり子と夫婦役で初共演する映画『望み』より、清原果耶演じる長女・雅の場面写真が解禁された。堤幸彦監督は清原を「怖いくらい巧い。完璧以外の何者でもない演技」と絶賛している。

【写真】「怖いくらい巧い」と堤幸彦監督が絶賛 長女・雅を演じる清原果耶

作家・雫井脩介による同名小説を実写化する本作は、誰もがうらやむ理想的な家族の日常が、息子の失踪をきっかけに一変するミステリー。堤幸彦監督がメガホンをとり、脚本は奥寺佐渡子が担当する。

一級建築士の石川一登(堤)とフリー校正者の妻・貴代美(石田)は、一登がデザインを手がけた邸宅で、子ども2人と幸せに暮らしていた。冬休みのある晩、息子の規士(岡田健史)は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、同級生が殺害されたというニュースが流れ、警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。行方不明者は3人。そのうち犯人とみられる逃走中の少年は2人。息子は犯人なのか、それとももう1人の被害者なのか。

成績優秀でいつも明るい中学3年生の雅は、冬休みに入り、一流高校受験のラストスパートに手ごたえを感じていたとき、兄・規士が事件に関与していると知る。兄のことは大好きだが、自分の輝かしい未来が壊されると焦る雅。

解禁された場面写真では、いかにも優等生の雅が自分の部屋で受験勉強に取り組んでいる熱心な様子が切り取られている。

2021年春放送予定のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロイン役にも抜てきされ、注目を集める清原。堤監督は清原について「噂には聞いていたが、怖いくらい巧い。完璧以外の何者でもない演技でした。今後の日本の映画やドラマを引っ張っていくことは間違いないでしょう。すでに多くの作品で評価されている方ですが、『望み』もそのなかのひとつであってほしいです」と絶賛している。

映画『望み』は10月9日より全国公開。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加