菊地亜美 トーク中に長女出産時の痛みを思い出す「1年経っても忘れてない」

菊地亜美 トーク中に長女出産時の痛みを思い出す「1年経っても忘れてない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/09/15

タレントの菊地亜美(31)が14日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(深夜0・40)に出演。壮絶だった長女の出産を振り返る場面があった。

No image

菊地亜美

菊地は昨年8月に第1子となる長女を出産。出産時について聞かれ、「出産は超痛かった。めっちゃ痛かった。本当に想像していて、ちゃんと、巻き爪の手術した時とかにも『これよりも痛いんだ』とか、すっごい思ってたのに、全然痛くて、痛すぎて、体勢を変えることすらできなくて、大変だった本当に」と振り返った。

コロナ禍での出産ということもあったが「(夫の)立ち合いはできたんだけど、生まれる15分前から入って、一番フンッってやったら出る時に立ち会った」とし「簡単に産んだって思われてないかなと思って」と苦笑。「『産んだ痛みは忘れる』って結構みんな言うじゃん。私、1年経っても忘れてない。今、しゃべってるだけで痛みの種類を思い出してきて、いろんなママさんたちスゴイなって思った」ともらした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加