午前組終了 比嘉真美子が8アンダーでトップ 古江彩佳は1アンダー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10

<国内女子ゴルフツアー:宮里藍サントリー・レディース>◇第1日◇10日◇兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)◇賞金総額1億5000万円(優勝2700万円)◇無観客開催

午前組が競技を終え、比嘉真美子が8アンダー、64でトップに立った。

2打差の6アンダーに臼井麗香、山下美夢有、西村優菜。3打差の5アンダーに最終プロテストを控えるアマチュア岩井千怜。

稲見萌寧と東京オリンピック(五輪)代表の2番手を争う古江彩佳は1アンダー、71だった。

プレー中の午後組では鈴木愛、吉田優利が3アンダー。稲見萌寧は5ホールを終えて、1アンダー。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加