エイバル下部組織で5人がコロナウイルス感染 トップチームとは別の練習場

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/16

サッカースペイン1部リーグ、エイバルで下部組織チームに5人の新型コロナウイルス陽性者が出たと15日、クラブが公式発表した。

スペイン紙アスによると、5人は同クラブのBチームに当たるCDビトリアの選手。元日本代表のMF乾貴士、FW武藤嘉紀が所属するトップチームに他の下部組織所属選手が練習参加や試合に出場したケースはこれまでにあるが、陽性判定の5選手はトップチームでの活動がないという。さらに上記2チームは試合会場も練習場も違うため接点がないという。

なお今節エイバルがリーグで対戦するオサスナでも下部組織選手6人のウイルス感染が確認されているが、こちらもトップチームへの影響はないという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加