安藤なつ、スピード婚の全容を赤裸々に告白

安藤なつ、スピード婚の全容を赤裸々に告白

  • めるも
  • 更新日:2020/09/20
No image

※画像は、『メレンゲの気持ち』公式Instagram

9月12日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、令和元年11月に6つ歳下の一般男性と結婚したメイプル超合金の安藤なつが登場し、出会いからプロポーズまでのエピソードをステップごとの日数とともに語った。

初対面はマスクで顔は見えず「声が素敵だった」

2人の出会いはぽっちゃり好きが集まるパーティーだったそう。

久本雅美が「どっちから声掛けたの?」と聞くと安藤は「逆ナン(自分から)ですね」と答え、「そういうパーティー行ったことなかったんで、すぐ帰ろうと思ったんですよ。(芸能人と)バレるのもちょっと恥ずかしいし。なのでパッと見てなんか柔らかそうな顔してたんでちょっと声掛けさせてもらったら(彼が)『介護職してる』って言うんで、私も介護やってたんで『あっ!』って思って連絡先すぐ交換して帰ったんですけど」と話す。

続いて「顔がタイプとかそんな感じ?」と聞く久本に安藤は「顔のタイプとか特にないんですけど、何となく喋る声も素敵だったし」と返答。安藤は「最初会った時もマスクしてたんで、ココ(目から上)しか見えなかったけど」と話し、「よくソレで声掛けたなぁ」という久本に「連絡先交換して、そこから毎日5~6時間電話して。遠距離だったんで」と明かす。

次に久本は「スピード婚だって仰ってたけどどれぐらいで?」と質問。安藤は「3日後に向こう(彼)の家に行って、話の流れで(自分は)『一応こういうお仕事してるから、週刊誌撮られたらどうするの?』みたいな。そしたら(彼は)『いいよ彼氏って言って』みたいな。グッときましたね」と話し、「その1週間後にウチに来てお付き合い(スタート)させていただいて。その2週間後が配偶者さん(彼)の誕生日で『じゃあ一緒に過ごそう』ってなって温泉行ったんですよ。内風呂の露天があって、そこに2人で一緒に入って。お風呂入ってる時にプロポーズされました」と続けた。

久本が「何て?」と聞くと安藤は「『一生一緒にいよう』って言われました」と明かし、「もう『はい』って?」という久本に「『お願いします』って言いました」と答えた。

(めるも編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加