川村拓夢がJ1初ゴール! 今季初弾のエゼキエウら交代選手が応えた広島、アウェイで鹿島に勝利!【明治安田J1第24節】

川村拓夢がJ1初ゴール! 今季初弾のエゼキエウら交代選手が応えた広島、アウェイで鹿島に勝利!【明治安田J1第24節】

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/07
No image

明治安田生命J1リーグ第24節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が6日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、0-2で広島が勝利した。

【動画】思わずうっとり!?スーパートラップ Best3

2位の鹿島(勝ち点40)と6位の広島(勝ち点35)による上位戦。前節の鹿島は横浜F・マリノスとの首位攻防戦に敗れ8ポイント差に。また、ここ4試合は3分け1敗と勝ちきれない状況が続いている。

対する広島もリーグ戦ここ4試合は2分け2敗と足踏み。ただ、3日に行われたルヴァンカップでは、横浜FMに3-1で快勝しており、今節は中2日ながら同じスタメンが起用されている。

キックオフ前に戦争の犠牲者への黙祷が行われた中、試合は前線の強度を生かし、ロングボールを攻撃の起点とする鹿島と、後方からパスをつないで組み立てる広島という構図に。スタメンにカイキやピトゥカ、エヴェラウドを並べた鹿島は、5分にそのピトゥカがこぼれ球をボレーで狙い初シュート。序盤から迫力のある攻撃を見せる。

ただ、先にチャンスを迎えたのは広島だった。13分、満田が右サイドでボールを奪い、そのままの推進力でボックス右まで侵攻。シュートの選択肢もあった中、選んだグラウンダーのクロスは常本にクリアされた。

続く17分にもボール奪取からカウンターを発動。敵陣中央を満田が運び、ボックス右の森島へパス。森島は右足でアウト回転をかけたシュートを放ったが、左ポストを掠めていった。

立て続けに2度のピンチを迎えた鹿島。なんとか攻勢に転じたいところだが、20分のエヴェラウドのボレーシュートは完全に対応され枠に飛ばせず。27分には混戦の中からピトゥカがシュートへ。これは枠に飛んだがGK大迫に止められた。

前半は優勢だった広島。後半に向けては一度警告を受けているベン・カリファを下げてドウグラス・ヴィエイラを投入する。その立ち上がり、広島はクロスに対応の際に、塩谷の腕に当たったとしてVARチェックの対象に。ここはお咎めなしとなったが、ややヒヤリとするシーンに。

ここで浮き足立つ広島に鹿島は51分、右サイドに流れた鈴木のクロスからカイキがヘディングシュート。枠を捉えることができなかったが、ホームチームにとってはここまで最大の決定機に。続く56分のFKのシーンでは、ボックス右角付近から入れたグラウンダーのクロスが相手に当たってゴール方向に。ここはGKにキャッチされたが、セカンドハーフは鹿島が攻勢を仕掛ける。

70分を過ぎると両チームとも立て続けに選手を交代。徐々に1点の奪い合いという様相を呈する中、エゼキエウと野上を投入した広島は79分、満田のスルーパスからドウグラス・ヴィエイラにビッグチャンス。ボックス左に抜け出し、シュートも打てた中でクロスを選択。ここに満田が飛び込んだが合わせられず。

かたや鹿島も83分に左サイドの広瀬が右足で上げたクロスに鈴木が飛び込む好機を演出。互いにゴールに近づいていく。

アウェイの広島は83分に柏を下げて川村を投入。するとその直後、エゼキエウがドリブルでボックス手前右まで持ち上がり、追い越す野上へスルーパス。ボックス右からグラウンダーのクロスが入ると、ニアのドウグラス・ヴィエイラを囮に、背後に走り込んだ川村がプッシュしネットを揺らした。

交代選手が全員絡む攻撃で先制した広島。J1初ゴールを決めた川村は、87分にもシュートを放ち、貪欲に追加点を狙いにいく。鹿島も残りの力を振り絞り攻撃を仕掛けるが、広島の止まぬプレッシングに苦戦。

すると後半アディショナルタイムも5分が過ぎようとしたところで、広島は自陣左サイドで相手のパスをカットした佐々木がすかさず前線へ足の長いスルーパスを供給。これに反応したエゼキエウがワンタッチでボックス左に抜け出し、対面する相手を半身躱したところで右足のコントロールショットを流し込み勝負あり。

広島が2位の鹿島にアウェイで勝利し、5試合ぶりの白星を手にした。

鹿島 0-2 広島

【広島】

川村拓夢(後39)

エゼキエウ(後50)

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加