「つらいけん2人で死のうか」母親の死体遺棄容疑の息子 親しい人に心情吐露

「つらいけん2人で死のうか」母親の死体遺棄容疑の息子 親しい人に心情吐露

  • BSS山陰放送
  • 更新日:2021/11/25
No image

23日、鳥取県米子市の住宅で女性の遺体が見つかった事件。逮捕された息子は事件前周囲に、母親との暮らしに悩む心情を漏らしていたことが取材でわかりました。

同居する84歳の母親の遺体を自宅の浴室に遺棄した疑いで逮捕された鳥取県米子市の無職の男(50)。

事件前、親しい人に、ある胸の内を明かしていたことがBSSの取材で分かりました。

近所の人

「聞いた話なんですけど、つらいけん2人で死のうかっていうことはちらっと聞いたんですけど、どこまでが本気かわかりませんけどね。まあ鬱だったのか、ああいう時はやっぱり精神状態が不安定ですから」

そして逮捕前日の夜、容疑者と母親が住む家では、いつもとは違う様子が目撃されていました。

近所の人

「近所の人が言うには、前の晩ずっと電気がついてた、家の中に。いつもお世話されているからなんかあったのかなと思って、気にはしていたらしいです」

米子警察署は司法解剖の結果を発表。母親の死因は胸を刺されたことによる失血死だったことがわかりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加