林遣都「ワンちゃんたちに毎日囲まれて...」幸せいっぱいの撮影を振り返る

林遣都「ワンちゃんたちに毎日囲まれて...」幸せいっぱいの撮影を振り返る

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/07/22
No image

犬からも愛されている林遣都

俳優の林遣都が13日、TOHO シネマズ六本木ヒルズで行われた映画『犬部!』の初日舞台あいさつに登壇し、幸せいっぱいだったという撮影を振り返った。この日は共演者の中川大志大原櫻子浅香航大篠原哲雄監督、主題歌を務めたNovelbright竹中雄大、そして劇中で林とバディを組んだ犬のちえをはじめとする動物たちも来場した。

本作は、2004年頃に青森県十和田市にある北里大学に実在した動物保護サークルの活動をつづった片野ゆかのノンフィクション小説をもとに、動物の命と向き合う人々の奮闘を追う物語。大の犬好きの獣医学部生が仲間と共に動物保護に奔走する大学時代と、獣医師として新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で描かれる。

熱血の主人公・花井颯太を演じた林は「毎日楽しかったです。久々に青春を味わわせていただきました。みんなのことも大好きですし、ワンちゃんたちに毎日囲まれて……。もう一回やりたいくらいですね。幸せな撮影でした」と笑顔を見せた。一方で、真夏の撮影だったことから「ワンちゃんたちの負担もたくさんあったと思います」と犬たちへの思いやりも忘れない。

颯太の心優しき相棒・柴崎涼介役の中川も「設定としては真冬の夜でしたが、撮影は真夏でめちゃくちゃ暑いなか」だったという。ダウンを着て外で倒れるシーンが大変だったことを紹介し、心配した犬たちに取り囲まれ「犬まみれ」になったという中川は「フォーメーションが綿密に組まれていてテトリスみたい。この犬は右腕、あの犬は左太もも」と笑う。続けて「あんなに犬の温度を全身で感じたのは初めてで、犬好きにとってはたまらない経験でした」と喜んだ。

実習用の動物を世話する秋田智彦役の浅香は「イジられるポジションで、遣都くんがアドリブを振ってくれました」と意味ありげに振り返ると、中川が「(颯太が)秋田くんのお父さんから借りてきた車をメチャクチャ蹴る」という過激なアドリブをリーク。林は「航大とは昔からプライベートでも仲良くて、信頼している大好きな役者仲間なので、今回一緒にいてくれたことは心強い」と関係性に触れつつ、「(アドリブで)そういうやり取りができたことによって、犬部全体の空気もグッと縮まった感じがします。ありがたかったです」と感謝。「きれいにまとめちゃいました」とニヤリとして笑いを誘うと、アドリブの話をなかったことにしたいのか、ダメ押しで「今日、格好いいね!」と関係ない話題で浅香を褒めて、さらに会場を沸かせた。(錦怜那)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加