オリックスが佐々木朗に3連敗 中嶋監督「そう簡単に打てるわけがない」

オリックスが佐々木朗に3連敗 中嶋監督「そう簡単に打てるわけがない」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/13
No image

オリックス・中嶋監督(東スポWeb)

オリックスがまたも佐々木朗にやられた。

13日のロッテ戦(京セラドーム)は佐々木朗の最速163キロのストレート、フォークの前に1点を取るのが精いっぱいで1―4と完敗。先発の田嶋は7回4安打2失点と踏ん張ったが、打線が8安打しながらも凡打の山を築いた。佐々木朗に3連敗を喫し、借金7。5位に転落し、31試合連続で4得点以下の貧打が続く状況だ。

新型コロナ感染で吉田正、安達らの主力が不在。福田が復帰して1安打したが、起爆剤とはいかなかった。中嶋監督は「しっかり振っていけたのはよかった。変化球になってきた時にどれだけ我慢できるかになってくる。そこは技術が必要になってくる。あのくらいのボールをそう簡単に打てるわけがない。何をしていくべきかをこれからやっていかないといけない」とを厳しい口調で話した。

この日は1番・高部に2安打、2四球、3盗塁、3得点とかき回された。「田嶋は悪くもなかったはずだけど、四球が増えたのと走られたのと…。どの投手でも足の速い打者に対しての四球は自分を苦しめる。無安打で1点取られているし、そういうところの甘さはあるのかな」と反省を促した。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加