NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
木村佳乃「ジャングル・クルーズ」吹替に自信、叫び声がエミリー・ブラントそっくり

木村佳乃「ジャングル・クルーズ」吹替に自信、叫び声がエミリー・ブラントそっくり

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/07/20

ディズニー実写映画「ジャングル・クルーズ」の日本版完成披露試写会が本日7月20日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、日本版声優の木村佳乃斉藤慎二ジャングルポケット)が登壇した。

No image

「ジャングル・クルーズ」日本版完成披露試写会の様子。左からミッキーマウス、木村佳乃、斉藤慎二、ミニーマウス。

すべての画像・動画を見る(全12件)

No image

本作はディズニーランドのアトラクションから誕生したアクションアドベンチャー。不老不死の伝説を持つ花を求め、クルーズ船の船長フランクと植物博士リリーがアマゾンの奥深くを目指すさまが描かれる。ドウェイン・ジョンソンがフランク、エミリー・ブラントがリリーを演じた。

No image
No image

木村は自身が声を当てたリリーを「女性がズボンをはくのがはばかられた時代で、リリーははきたいものをはいて行きたいところに行く。とても勇敢で聡明な女性」と紹介。この日、リリーをイメージしたパンツルックで登壇しており「柄のペイズリーに関しては、ただ私が好きだから(笑)。活発な雰囲気にしてみました」と話した。リリーはこれまで経験してきた吹替でもっともセリフ量が多く、早口な役柄だったそうで「とにかくエミリーさんの英語の口に合わせてまくし立てました」とアフレコを述懐。映画の中盤で彼女があるものから逃げるシーンに言及し「あの叫び声はエミリーさんが聞いても、自分の声かな?と思うぐらいそっくりにできたと思ってます。ぜひ字幕と吹替で比べてみてください」と呼びかけた。

No image

リリーの弟マクレガーに息を吹き込んだ斉藤は「誰よりも姉のリリーのことを大切に思っている弟。ぜひマクレガーの優しさに注目してください」とコメント。木村も「船旅にディナージャケットを持ち込もうとするほどおしゃれ(笑)。本当に愛すべき面白いキャラクター」と、マクレガーの魅力を立て続けに語る。日本版声優初挑戦となった斉藤は「演説するシーンがあるんですが、大勢に向けてのしゃべり方や強弱が難しかったですね。何回もテイクを重ねて、自分の中で納得できるシーンになったと思います」と胸を張った。

No image
No image
No image

イベントではジョンソンとブラントから、木村と斉藤に宛てたサプライズメッセージも上映された。2人は「佳乃」「慎二」と呼びかけつつ、「今日はその場に行けなくてごめんなさい」と来日できなかったことを詫びる。さらに「アトラクションに乗るように、この映画を楽しんで」と続けた。最後にはサファリルックのコスチュームを身にまとったミッキーマウスとミニーマウスが応援に駆けつけ、イベントは幕を閉じた。

ジャウマ・コレット=セラ監督作「ジャングル・クルーズ」は、7月29日に全国公開。翌30日よりディズニープラス プレミア アクセスで配信される。なお日本版では小山力也がフランクに声を当てた。

(c)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加