元V6長野博「食レポ」の実力 「店主リスペクト」姿勢に好感

元V6長野博「食レポ」の実力 「店主リスペクト」姿勢に好感

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2022/01/15

長野博はV6時代から食通で有名だ。食にはうるさく、調理師と野菜ソムリエの資格を持っていることでも知られる。なにかのトーク番組で、自腹で「満漢全席」を食べに行った話を得々としていたのを記憶している。そして、これはホンモノだと思った。

No image

「ひかりTV」オリジナルとしてスタート

この「長野博の極めしモノ」は、そんな長野が「食」を極めし者に出会い「食」を追求する番組で、昨(2021)年11月に「ひかりTV」オリジナルとしてスタートし、テレビ東京では12月の放送に次ぎ、今回(22年1月9日未明)が2度目の放送。テーマは「羊肉」。ジャニーズの後輩・A.B.C-Z橋本良亮を連れて、「羊SUNRISE神楽坂」へ。羊を極めし店主から、「ラム、ホゲット、マトン」の違いなど羊肉についてのあれこれを学び、自慢のメニューをいただくという趣向だ。

番組を見て思うのは、長野の食レポの素晴らしさ。店主をリスペクトし、どこまでも謙虚で、学ぼうという姿勢がある。誰とは言わないが、グルメを気取っていた謹慎中の某渡部とはそこが違うところ。渡部は鼻につく感じがどうも苦手だったが、長野にはそういうところがまったくない。

テレ東版はダイジェストで、「この番組の最新話・フルバージョンは『ひかりTV』で提供中」のテロップが出て終了。そこがちょっと残念。

(子守熊)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加