衆院解散で「党高政低」消された岸田総理の令和版所得倍増計画と危ぶまれる存亡

衆院解散で「党高政低」消された岸田総理の令和版所得倍増計画と危ぶまれる存亡

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/10/14
No image

衆院解散で万歳をする岸田文雄総理と閣僚たち(C)朝日新聞社

衆院は臨時国会会期末の10月14日に解散された。岸田文雄総理は続く臨時閣議で「19日公示―31日投開票」の日程で第49回衆院選を行うことを決定。与野党は選挙に突入した。

【“落選危機”自民・公明党議員リストはこちら】前回の安倍政権での2017年の衆院選は、自公の連立与党で定数の3分の2以上の議席を確保し、圧勝。それから約4年、就任してまだ10日ほどの岸田総理は、早くも正念場を迎える。

自民党の高市早苗政調会長は12日、衆院選の政権公約を発表し、「新しい時代を皆さんとともに。」をキャッチフレーズに、岸田総理が掲げる「新しい資本主義」などを訴えた。ただ、「国の使命は、国家の主権と名誉を守り抜くこと」というフレーズが採用されるなど、岸田総理より高市政調会長のカラーが色濃い内容だった。

官邸や自民党内でいま、話題になっているのが、総裁選の際に議論された「政高党低」ではなく、「党高政低」だ。安倍、菅政権では官邸の力が強く、党は軽視されがちだったが、岸田総理になってすっかり様変わりしたようだ。

「安全保障政策にせよ、経済政策にせよ、政権公約における岸田カラーは完全に失せて、まさに高市・安倍政権の公約です。宏池会らしさは消え失せましたね。目玉であった、成長・分配の好循環にしても、『分配なくして成長なし』が『成長なくして分配なし』に変質してしまいました。『新しい資本主義実現会議』の設置により、岸田カラーを打ち出そうと懸命に動いていますが、これとて骨抜きになりかねません。政策は高市・安倍路線、人事は甘利・麻生路線となり、総理は支配されている感が既に強く、いずれ、官邸と党とで空中分解が起きると思います」(政府関係者)

閣僚経験者は「党高政低」に変わった背景には、安倍元総理、麻生太郎副総裁、甘利明幹事長の3Aと大きく関係があると指摘する。

「岸田総理が政高党高にしたいと思うならば、岸田派で重要閣僚と党の主要ポストをとらなければならなかった」

麻生氏が副総裁で、甘利氏が幹事長。安倍氏は無役だが、最大派閥を仕切り、側近の高市氏が政調会長だ。

「3Aという重鎮が政権から党に移行して権力闘争をやっている。選挙を目前に控えて、甘利氏と麻生氏のラインが目立ち、どうしても優勢に見える。そこに安倍氏が割って入ろうと高市氏のラインから、官邸に物申すという状況だ。選挙だから、余計に党高政低に見えてしまうね」(閣僚経験者)

「党高政低」を象徴するのが、衆院選での「公約」だ。岸田首相は総裁選の時から経済政策の目玉として「中間層の拡大に向けて分配機能を強化して所得を引き上げる、令和版の所得倍増を目指す」として「令和版所得倍増計画」を訴えてきた。また、所信表明演説では「教育費や住居費への支援を強化し、子育て世代を支えていきます」と訴えた。

だが、「令和版所得倍増計画」は公約に含まれず、消えてしまったのだ。高市氏はその点について公約発表の記者会見でこう釈明した。

「自民党としての公約です。部会、調査会で積み上げて合意得たもの。総裁選でさまざまなことを訴え、(候補者の)4人ともがそうだねというものを盛り込みました。主に岸田総裁の政策ですが、これなら党として実現できるものが公約となった。抜けているものも多少あるかと思う」

また、高市氏が岸田総理に公約の素案を示した時には、選択的夫婦別姓についても了承されたと言っていた。

総裁選の時には岸田総理は「導入を目指して論議すべきだ」と前向きととれる発言をしている。しかし、公約では途中までは素案と同じだが、夫婦の氏についての「具体的な氏の在り方についてさらなる検討を進める」という一文が最後はなくなっていた。

「マイナンバー住民基本台帳など、婚姻前の氏の使用できるシーンは多くなっている。急速に進んでいるが、さらにまだ使えないものも残っている。氏制度の検討チームなどで議論している。選択制夫婦別姓制度が公約で後退したのではない。岸田総裁も見ている」(高市政調会長)

選択的夫婦別姓については、自民党の会合でも紛糾することが何度かあった。慎重派の代表格が安倍氏だった。

「党が安倍氏ら慎重派に配慮して、削除したのではという声もある」(前出・自民党の閣僚経験者)

自民党で20年以上、政務調査会の調査役を務めた政治評論家の田村重信さんはこう語る。

「岸田総理のイチオシ、令和版所得倍増計画が公約から飛んだのは驚きだね。小泉純一郎氏が総理になった時、郵政民営化など公約がこれでいいのかとみんな思っていた。しかし、最終的には主要な公約は削ったりしてない。岸田氏が総理総裁になれたのは、安倍氏、麻生氏の力ということがわかっているから、強く言えないのでしょう。安倍氏はスピーチが得意な高市氏の発信力をうまく使うことで、公約の批判を和らげている感がしますね」

衆院選を前にすでに参院静岡県、山口県選挙区の補欠選挙がはじまっている。静岡は自公が支持する元御殿場市長の若林洋平氏と立憲民主党が推薦の元県議山崎真之輔氏の実質的な一騎打ちだ。選挙前は若林氏がリードし、告示日は岸田総理が街頭演説でマイクを握り、グータッチまでして盛り上がった。

だが、直近の世論では差を詰められているという。

「山口県は大丈夫だが、静岡県の補選はヤバくなっている。ここで負けたら衆院選に波及して、大負けしかねない。岸田政権の存亡にもかかわってくる」(自民党幹部)

(AERAdot.編集部 今西憲之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加