DeNAドラ1・入江 「緊張」2回3失点「プロの洗礼を浴びました」

DeNAドラ1・入江 「緊張」2回3失点「プロの洗礼を浴びました」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇練習試合 DeNA6―5ロッテ(2021年2月20日 宜野湾)

No image

<D・ロ>DeNA先発の入江(撮影・島崎忠彦)

開幕ローテーション入りが期待されるDeNAドラフト1位の153キロ右腕・入江(明大)が、ロッテとの練習試合に先発。対外試合初登板は2回3安打3失点とほろ苦いデビューとなった。

「緊張もして力みっぱなしでした。甘く内角に入ると打たれますね。プロの洗礼を浴びました」。最速は149キロを計測したが、2回1死から7番の吉田に142キロの甘い直球で左越え2ランを浴びた。それでも続く佐藤都、山口からは2者連続三振。三浦監督は「もっとバラけると思ったけどしっかり投げていた。いい経験になったでしょう」と次回登板に期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加