適度な抜け感が格好良い!「スーツ×スニーカー」で狙う新鮮コーデ【海外スナップ】

適度な抜け感が格好良い!「スーツ×スニーカー」で狙う新鮮コーデ【海外スナップ】

  • Precious.jp
  • 更新日:2021/11/25

きちんとしたアイテムにカジュアルアイテムを融合させれば、そこに抜けが生まれこなれた表情を作ることができます。普段のビジネス服がぐっと見違える、スーツとスニーカーのコーディネート例を海外セレブやインフルエンサーの私服からチェック。

■1:ヘイリー・ビーバーは…ダークトーンのスーツは、シャープな白スニーカーで軽快に

No image

ゴールドアクセサリーと白スニーカーで、穏やかな配色コーデに抑揚を授けて。

2021年10月19日、LAでキャッチされたモデルのヘイリー・ビーバー。知的な雰囲気のグレースーツ、ヘイリーの手にかかると?

グレーのスーツは、ややオーバーサイズをセレクトするとマスキュリンなムードが漂って、かっこいい雰囲気に着地します。そこにカーキ、ダークグリーンとブルーのボーダーニットプルオーバーを忍ばせて穏やかな配色を意識し、秋冬らしさを演出。ゴールドのネックレスやフープピアスで煌めきを添えれば、ダークトーンの装いが地味に見える心配がありません。

足元に合わせたのは、キレの良い真っ白なスニーカー。ダークカラーを基調とした着こなしだからこそ、白の鮮明さがくっきりと浮かび上がって軽快さが際立ちます。

■2:ダニエル・バーンスタインは…小物で重厚感を足してモダンさをトッピング

No image

スーツの選び方はもちろん、合わせる小物で「今っぽい」を堪能。

アパレルブランド『WeWoreWhat』の創設者であるダニエル・バーンスタインをNYファッションウィーク中のストリートでキャッチ。存在感のあるカラーのスーツと今っぽい小物で着映えを実現しました。

彼女が選んだのは、ワイドパンツが生真面目になりすぎないマスタードイエローのスーツ。明るい色でキャッチーさを叶えながらも、くすみトーンを選ぶことで大人らしさもしっかり確保。

そこに合わせたスニーカーは、やや厚みのあるぽってりとしたスニーカー。足元に重厚感を作れば、今どきなバランスへと誘導することができます。バッグも丸みのあるワンハンドルタイプをクラッチ風に抱え、小粋なムードを醸していました。

■3:マーサ・ハントは…明確なカラーコントラストでリズミカルな表情へ

No image

白、水色、くすみレッド… 色の配置を小気味よく。

初冬のNYの街中を、はっと視線を奪うような美しいカラーブロックコーディネートで愛犬と歩いていたモデルのマーサ・ハント。

すらっとしたシルエットが端正なスーツは、ビッグカラーと落ち着きのある赤を選ぶことで無難を脱却。そんな暖色のスーツと相反する寒色の水色シャツをインに合わせ、色のメリハリをしっかりつけていました。シャツ×スーツの合わせも、こんな配色なら新鮮さが漂います。

暖色と寒色を馴染ませるように、白のタートルニットとスニーカーをオン。スニーカーなら、親近感も醸せて好都合です。上と下にぱきっとした白をあしらえば、NYの街並みに馴染むスタイリッシュな装いが完成です。

スーツ×スニーカーで着映えを叶えたセレブたちの着こなしをご紹介しました。

きれいめに着こなすだけでなく、足元をちょっと外すだけでぐっとこなれた雰囲気に決まるので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Precious.jp(プレシャス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加