VWパサート後継モデル が初出現! EVセダン「エアロB」市販型をスクープ

VWパサート後継モデル が初出現! EVセダン「エアロB」市販型をスクープ

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2021/10/14

■2018年に公開された「ID Space Vizzion」を起源、EVプラットフォーム「MEB」を採用

フォルクスワーゲン(VW)が現在開発をしていると見られる新型フルエレクトリック・セダン「エアロBセダン」(仮称)市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

No image

VW エアロB 市販型プロトタイプ

エアロBは、2018年に公開された「ID Space Vizzion」を起源とし、将来「パサート」と置き換えられると予想されています。生産型ではVWグループのEVプラットフォーム「MEB」を採用、「フェートン」クラスの内部空間を持ち、2023年にデビューが確定しています。

No image

VW Vizzionコンセプト

オーストラリア・アルプスで捉えたプロトタイプは、グリルとヘッドライトの上のテープを除いてほぼフルヌード状態です。「ID.3」と「ID.4」から判断すると、メインランプの間の領域にLEDライトアクセントが配置される可能性がありそうで、黒いトリムのストリップはグリルのように見えますが、実際には開口部ではありません。

よく見ると下部領域はインテークではなく塗装されたセクションであり、密閉されています。EVは燃焼エンジンほど冷却を必要としないため、最下部のメッシュ部分だけがエアインテークとなっています。

サイドビューでは、リフトバックにつながる流れるようなルーフラインが見てとれるほか、フラッシュドアハンドルを装備、シンプルでスポーティなボディスタイルと言えそうです。後部では、リアウィンドウ上部にLEDストリップテールライトを配置。バンパー下部には排気口のようなものが見えますが、もちろんダミーのコンポーネントです。

No image

VW エアロB 市販型プロトタイプ

EVスペックは84kWhのバッテリーを搭載、航続は700km、最大200kWの充電に対応し、急速充電を使用すれば約10分で230km分を充電します。ベースモデルは後輪駆動と予想されますが、2モーター、全輪駆動バージョンも有力で、エステートやパフォーマンス重視の「GTX」バージョンのラインアップも期待されています。

エアロBの生産は2023年からドイツのエムデンにある同社工場で行われ、車名は「ID.6」も候補に挙げられているようです。

(APOLLO)

あわせて読みたい

VW T-Rocが大幅改良へ。ちょっとオシャレな「R Line」をキャッチ

新型シビックとコンポーネントを共有も。アキュラで復活のインテグラ、市販型デザインを大予想!

BMW M3初のツーリング、市販デザインを大予想!登場は2021年内か?

巨大ウィングを装着!ホンダ シビック セダン新型、高性モデル「Si」を予告【動画】

アルピナB3改良新型がニュル高速テスト、湾曲ダッシュボードを搭載!

APOLLO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加