ローマ、アーセナルMFジャカと個人合意!移籍金24億円で決着か

ローマ、アーセナルMFジャカと個人合意!移籍金24億円で決着か

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/06/11
No image

グラニト・ジャカ 写真提供:Gettyimages

ローマはアーセナルに所属するスイス代表グラニト・ジャカの獲得に近づいているようだ。10日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

現在28歳のジャカは、2016年夏にボルシア・メンヒェングラートバッハからアーセナルへ完全移籍により加入。プレミアリーグ挑戦1年目から公式戦39試合に先発出場するなど本来のパフォーマンスを発揮すると、2018年にはスイス代表の一員としてFIFAワールドカップ・ロシア大会のピッチに立っていた。また、今季も公式戦42試合で先発メンバーに名を連ねるなど、コンスタントな出場機会を得ている。

アーセナルはジャカとの現行契約を2023年6月まで残しているが、すでに今夏の放出候補に含めており、現在ローマ首脳陣と同選手の取引に関する交渉を行っている。また、ジャカ本人もジョゼ・モウリーニョ率いるローマへの移籍に前向きな姿勢を示しており、すでに5年契約を結ぶことで個人合意に至っているとのことだ。

ローマは先週に移籍金1500万ユーロ(約20億円)という条件でオファーを提示。アーセナルは2000万ユーロ(約27億円)を求めているが、交渉は順調に進んでいるものとみられ、1800万ユーロ(約24億円)で合意に達する可能性が高いようだ。

なお、アーセナルはジャカの後釜として、ウルバーハンプトン・ワンダラーズに所属するポルトガル代表MFルベン・ネベスの獲得に向かっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加