EUも「検証可能な証拠」要求 中国テニス選手の安否問題

EUも「検証可能な証拠」要求 中国テニス選手の安否問題

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/11/25
No image

女子テニスの彭帥選手(2017年7月7日撮影)。

【AFP=時事】中国女子テニスの彭帥選手(35)が同国の前副首相から性的暴行を受けたと告発した問題で、欧州連合も「完全で透明性のある調査」を要求し、同選手の所在と安全について「検証可能な証拠」の提供を求めている。

EUのナビラ・マスラリ報道官が24日、「彭帥選手のものとされる発言と、公の場にいる彼女の映像を確認した。しかしながら、性的暴行の疑惑や、2週間にわたり音信不通となった事実に関する報道については、依然として強い懸念が残る」と述べ、「われわれは疑惑そのものについてコメントする立場にないが、完全で透明性のある調査を求める」と訴えた。

ウィンブルドン選手権と全仏オープンの女子ダブルスで優勝経験がある彭選手は、現在70代の張高麗前副首相から性行為を強制され、数年間にわたり断続的に関係を持っていたと告発した後、2週間以上にわたって消息不明となっていた。

しかし21日には中国のテニス大会に出席している写真が大会側から公開され、同日には国際オリンピック委員会の会長とテレビ電話をした。

彭選手の所在と安全については、国連や米英政府も中国側に証拠の提出を求めている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加