南野拓実のモナコ移籍合意に期待と歓迎の声! 地元紙は「獲得競争を勝ち抜いた」「野心の表われ」と公国のクラブに賛辞

南野拓実のモナコ移籍合意に期待と歓迎の声! 地元紙は「獲得競争を勝ち抜いた」「野心の表われ」と公国のクラブに賛辞

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/06/23
No image

注目されていた南野拓実の去就だが、所属するリバプールとリーグアンの強豪モナコが、移籍に関して合意に達したと、英国内外の複数メディアが報じている。

報じられた移籍金は、以前にリバプールが設定したといわれる額(2000万ユーロ=約26億円)を下回る1500万ユーロ(約19億5000万円)だが、これに300万ユーロ(約4億円)のボーナスが加えられるという。

2020年にレッドブル・ザルツブルクから850万ユーロ(約11億円)でリバプールに加入してから、選手層の厚さに苦しめられ、今季はカラバオ・カップ、FAカップの両方でチーム得点王という結果を残し、二冠達成に大貢献したものの、一方でプレミアリーグやチャンピオンズ・リーグ(CL)では出場機会が制限されるなど、不遇を味わって移籍が噂されていた27歳の日本人選手は、リーズ、サウサンプトンなどの国内クラブの他、フランス、イタリアからも引き合いがあったというが、ついに決断を下した。

フランスのスポーツ紙『L’EQUIPE』は「今夏のモナコの最初の補強」として「計1500万ユーロで日本人アタッカーを獲得」と報じ、サッカー専門サイト『FOOT MERCATO』はモナコが彼の到来を強く望んだことを伝えるとともに、「右利きの南野は、前線のどこでもチームを助け、フィリップ・クレメント監督率いるチームで経験を還元し、戦力を高めることができる。違いを生み出し、ゴールを決められる彼は、リーグアンだけでなく、CLでも活躍できるだろう」と、賛辞と期待を新加入選手に寄せた。

モナコの地元紙『monaco-matin』は、2024年までリバプールと契約を結んでいた日本人アタッカーが、マージーサイドでの2年半で55試合に出場し、14得点を記録したことを紹介した後、「幾つかのプレミアリーグ勢、リヨン、イタリアのアタランタといったクラブとの競争を耐え忍びながら勝ち抜いたという点でも、モナコにとっては大きな補強だ」と、クラブの働きを評価している。

【関連記事】南野拓実に関心のアタランタ、強敵揃いの争奪戦にも勝機あり!? 一方で日本人選手の心情吐露にファンは「心が痛い」ちなみに、当初は南野の新天地として最有力候補に挙げられていたリーズの地元メディア『Leeds Live』は、「リーズは、ウォルバーハンプトンやサウサンプトンなどのクラブとともに、日本代表選手の獲得に熱心だといわれていた。しかし南野は欧州を縦断する動きを選んだ」と報じ、イタリアのサッカー専門サイト『Football Italia』は「モナコがアタランタを打ち負かした」と綴り、敗因のひとつとして昨季のセリエAで8位に終わったことで欧州カップ戦出場権を獲得できなかったことを挙げた。

ファンの反応を見ると、SNSでは「モナコにとっては良い補強だ」「南野はモナコのことも、リーグアンのことも気に入るはず」「ザルツブルク時代に印象的なプレーを見せていた時から好きな選手だ」「出場機会も増えるし、良い選択だったと思う」「争奪戦に勝ったモナコ。良い働きだ」「早くリーグアンで彼のプレーが見たい」「モナコはウイングを欲しており、南野は両翼以外にも攻撃的なポジションを全てこなせる。手頃な価格でもあり、非常に理に適った移籍だ」「希望に満ちた補強」と、この移籍を歓迎する投稿が多く見つかっている。

パリ・サンジェルマンという絶対的な存在が君臨するリーグにおいて、頂点を目指すとともに、ライバルであるマルセイユを打ち負かしたいモナコ。フランス代表MFのオーレリアン・チュアメニをレアル・マドリーに8000万ユーロ(約104億円)で売却し、これを新たな資金として今夏は積極的な補強を狙っているが、ウイングは重要な補強ポイントだったという。

同国のサッカー専門サイト『SCORE.FR』は「ジャスティン・クライファート(ニース)、マルコルム・エビオウェイ(ダービー・カウンティ)、ラージー・ラマザニ(アルメリア)といったウイングも候補に挙がった中での南野獲得は、クラブの大物選手を獲得しようという野心の表われだった」と報じている。

メディカルチェックなどを経て、正式に8度のリーグ優勝を誇る公国の強豪クラブと5年間の契約を結ぶと見られている南野。ホームスタジアム「ルイⅡ」のピッチに立つ彼の姿が見られるのが待ち遠しい。

構成●THE DIGEST編集部

なんと米メディアが早くもカタールW杯全試合の結果を徹底予想! 日本の結果、そして優勝国は!?

「今だから言える」元韓国代表戦士が智将ヒディンクへ驚きの告白! 19年前の日韓W杯で「憎しみがあった」

大失敗、挫折、恥ずかしい…チュニジア戦完敗の日本代表を海外メディアは酷評!一方で「価値あるテストだった」と指摘したのは?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加