“金メダル最有力”米国女子代表がまさかの惨敗発進...スウェーデンに五輪2大会連続で苦杯

“金メダル最有力”米国女子代表がまさかの惨敗発進...スウェーデンに五輪2大会連続で苦杯

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/24

◇東京五輪 女子サッカー1次リーグG組 米国0―3スウェーデン(2021年7月21日 東京)

No image

五輪1次リーグ初戦でスウェーデンに敗れ落胆する米国女子代表のFWクリステン・プレス(AP)

東京五輪女子サッカーが21日に初戦を迎え、FIFAランキング1位で“金メダル最有力候補”の米国女子代表が同5位スウェーデンと対戦。いきなり強豪対決となった一戦を0-3で落とし黒星発進。前回16年リオ五輪準々決勝で敗れた相手へ“リベンジ”を果たせず。19年から続く無敗記録が「44」で止まった。

米国は前半25分、FWブラクステニウスに頭で決められ失点。先制を許すと後半9分にも失点。コーナーキックからDFイレステトのヘッドがポストに当たり、こぼれ球を再びFWブラクステニウスに決められた。

さらに後半27分、自陣左サイドからのクロスをMFフルティグに頭で決められ意気消沈。前回16年リオ五輪準々決勝で1―1(PK3―4)と敗れたスウェーデン相手に2大会連続の苦杯。まさかの3失点で2大会ぶり5度目の金メダル獲得へ不安の残る結果に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加