アップル「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」シエラブルー含む4色、史上最高のカメラ搭載

アップル「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」シエラブルー含む4色、史上最高のカメラ搭載

  • ファッションプレス
  • 更新日:2021/09/15

アップル(Apple)が、スマートフォン「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」を発表した。2021年9月17日(金)21:00より予約を開始し、9月24日(金)にて店頭販売を実施する。

No image

全面的に刷新された「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」は、“iPhone史上最高のカメラシステム”、“iPhone史上最も明るいディスプレイ”、“iPhone史上最高のバッテリー駆動時間”を誇る。カラーは、グラファイト、ゴールド、シルバー、そして新色“シエラブルー”の4色での展開。新しい1TBのストレージ容量も提供される。

iPhone史上最高のカメラシステム

「iPhone 13 Pro」のラインナップは、A15 Bionicの新しい画像信号プロセッサ(ISP)を備えた“iPhone史上最高のカメラシステム”。革新的な広角カメラには、これまでのiPhoneで最大の1.9μmピクセルを採用したより大きなセンサーが搭載されたことで、ノイズが少なくなった。様々な光の条件下で必要な速いシャッター速度を実現するので、より精細な写真撮影が可能だ。また、明るさが足りない場所での性能が「iPhone 12 Pro」と比較して最大2.2倍、「iPhone 12 Pro Max」と比較して約1.5倍と大きく向上している。

iPhone独自のセンサーシフト光学式手ぶれ補正(OIS)によってレンズではなくセンサーが安定するので、ユーザーが動いても写真はなめらかに、ビデオはぶれない状態となる。

これまで不可能だったマクロ写真撮影が可能に

新しい超広角カメラは、より一層明るいƒ/1.8の絞り値と新しいオートフォーカスシステムによって明るさが足りない場所での性能が92%向上。iPhoneの超広角カメラで初となるオートフォーカス機能や先進的なソフトウェアを備えたことで、iPhoneでこれまで不可能だったマクロ写真撮影も可能となった。

一方で77mmの望遠カメラも搭載。望遠カメラの光学ズームは3倍で、カメラシステムの光学ズームレンジは合計6倍となっている。

自分好みの写真フィルタを“美しく”楽しめる

A15 BionicのNeural Engine、新しい画像信号プロセッサ、コンピュテーショナルフォトグラフィの進化により、革新的なカメラ機能はよりマルチに。

フォトグラフスタイルでは、アップルのマルチフレーム画像処理の利点を活かしつつ、自分好みの設定をすべての画像に適用することができる。単純なフィルタとは違って写真の別々の部分に適切な調整を行いながら適用されるため、スキントーンなどの写真の重要な要素が保たれたまま、“オリジナリティ溢れる撮影”を楽しむことができる。

映画撮影の技法に基づくシネマティックモードで“プロ顔負け”の動画撮影

映画撮影の技法に基づき、iPhoneのシネマティックモードでは、人物、ペット、その他の被写体を、自動でピントが変化する美しい被写界深度効果と共に撮影可能。誰でも映画の一場面のような瞬間を捉えられる。

さらに、ピントは撮影中にも撮影後にも変更可能で、ユーザーはボケ効果の強さを写真アプリケーションやiOS用のiMovieで変更できる。シネマティックモードではドルビービジョンHDRでの記録ができるのも魅力だ。

コマーシャルや長編映画などにも幅広く使われている先進的なビデオコーデック“ProRes”も導入。新しいカメラハードウェア、A15 Bionicの先進的なビデオエンコーダとデコーダ、およびフラッシュストレージパイプラインによる“ProRes”と、ドルビービジョンによって“プロ仕様”の撮影、編集、共有までを行える。

望遠カメラ含むすべてのカメラにナイトモード搭載

「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」では、望遠カメラを含むすべてのカメラにナイトモードを搭載。スマートHDR 4にも対応するので、難しい条件下でもより実物に迫る写真を撮影できる。そのほか、Deep Fusion、Apple ProRAW、ポートレートライティングを備えたポートレートモードなどの人気の機能も備えている。

高パフォーマンスのゲームも快適に行える処理速度

搭載されているA15 Bionicは、スマートフォン史上最速の処理速度を誇り、これまでiPhoneでは不可能だった新しいディスプレイ、カメラ、ビデオ機能も実現。ビデオアプリケーション、高パフォーマンスのゲーム、様々な新しいカメラ機能にも適している。

2つの新しい高性能コアと4つの新しい高効率コアで構成される新しい6コアCPUは、負荷の大きい作業もスムーズに効率よく処理する。さらに次世代ISPの大幅な進化により、ノイズ低減とトーンマッピングの向上も叶えた。

“iPhone史上最も明るいディスプレイ”を搭載

6.1インチまたは6.7インチのディスプレイは、これまでより最大25%高い屋外輝度を備え、解像度、色、コントラストに長けた“iPhone史上最も明るいディスプレイ”。さらに効率の高いOLEDパネルや、A15 Bionicの新しいディスプレイエンジンなどにより、ジェスチャー、アニメーション、ゲームを楽しむ際などにより速く、より反応が良く感じられる。また、不要時のバッテリー消耗の低減も叶えている。

高い耐久性を実現、新色“シエラブルー”に注目

エレガントなフレームは、医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製で、耐摩耗性と耐食性に優れた仕上げを施し、背面には質感のあるマットガラスを使用した。またカラー4色のうち、注目の新色“シエラブルー”においては、ナノメートルレベルのメタリックセラミックスの複数のレイヤーを表面全体に施すことで、美しく耐久性の高い仕上がりを実現している。

また、強靭なCeramic Shieldの前面カバーが、高い耐久性と耐落下性能を叶えるほか、業界最高クラスのIP68等級の耐水性能を備えているので、一般的な液体をこぼしても保護されるように設計されている。

バッテリーの駆動時間が向上

バッテリーの駆動時間の向上も魅力。「iPhone 13 Pro」は「iPhone 12 Pro」と比較して1日に最大1時間半長く使うことができ、「iPhone 13 Pro Max」は「iPhone 12 Pro Max」と比較して1日に最大2時間半長く使える。「iPhone 13 Pro Max」の駆動時間は、iPhone史上最長となっている。

【詳細】
「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」
予約開始日:2021年9月17日(金) 21:00~
店頭販売日:9月24日(金)
取り扱い:Apple Store直営店、Apple製品取扱店、一部の通信事業者
カラー:グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー
ストレージオプション:128GB、256GB、512GB、1TB
価格:
・24か月分割払いの場合
「iPhone 13 Pro」月額 5,117円、「iPhone 13 Pro Max」月額 5,617円
・下取りがない場合
「iPhone 13 Pro」122,800円、「iPhone 13 Pro Max」134,800円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加